ありがとう

体の内に元気がたくわえられたみたいに、体が楽になってきました。嬉しい。
お店のお仕事もいつものペースに戻して動きました。
そんなひとつひとつが嬉しい。


嬉しいとき、それから逆に心細くてたまらないとき、
電話をかけたくて、電話をかけたら、優しく心のそばにいてもらえて嬉しい方達
それから
大好きな友達と心がそばにいたいようなとき、思いがけずタイムリーに電話をくれる方達
そして家族
いつもいつも
どんなときも
みんなみんなに寄り添われて、いさせてもらえる私だなあ
それから、そんなふうにめぐりあわせてくれる、なにか大きな存在のおかげだなあ
と、すべてにありがたさが湧きます。

今夜もゆっくりたっぷり眠って
明日もまた朗らかに朗らかに。
[PR]
# by nonohanatomochan | 2008-04-23 23:35 | 日々のこと

温かさ

夕方、お茶にさそっていただいて
子ども達が遊ぶ傍らで
おいしいコーヒーをいただきながらの語らい。
私はこの方のことがとても好きで
ひととき一緒に過ごせることが嬉しい。
何気ない会話で、今日はなにをお話したかなっ?という感じだけど
ただただほっとする。
なんなんだろう。この感じ。
ほんとに幸せだと思います。
体調がすぐれなくて、だからか気持ちも弱まっていた時だから
いっそう温かさに包まれたり、沁みたりした気がします。
[PR]
# by nonohanatomochan | 2008-04-22 23:11 | 日々のこと

ささやかな想い

心で話せる人といると
ほっとする
心を話せる人といると
わくわくする
私はやっぱり心を大切に想う
[PR]
# by nonohanatomochan | 2008-04-22 22:46 | 日々のこと

自分を働かせよう

ずっと心の中に感じている重石は
きっと、すべきことをしていない、大切なことをしていないっていう心の重さなのかもしれないと、ふと感じる。
私にできることには限りがある。だから背負い込んではだめ。笑顔でできるぐらいのところで、できることをしよう。
一所懸命、自分を働かせよう。
[PR]
# by nonohanatomochan | 2008-04-18 22:04 | 日々のこと

ありがとう

あぁ、私ってどうしてこうなんだろうと、ため息をつきたくなるような時も、
可笑しくなるぐらい、苦笑してしまうぐらい、どうしようもなくだめな時も、
いつも子ども達が心のそばにいてくれる。

日向は、どんなに声変わりして身体が大きくなって、思春期らしく反抗をしても、それでもやっぱり、心の大事なところで、私を信頼していてくれる。それが伝わるからがんばれる。
楽都も、どんなにわんぱくでやんちゃでも、私を頼ってくれる。愛しくて、私はがんばれる。
幸希は優しさのかたまりみたいな子。愛らしい笑顔と、やわらかい小さい手で、いつもいつも、優しさをくれる。だから私は幸希から優しさをもらい、優しさを学び、がんばれる。
[PR]
# by nonohanatomochan | 2008-04-18 21:50 | 日々のこと

山の小さな公園で

d0021134_1225381.jpg

昨日はいいお天気。
近くの山の小さな公園で
幸希とおにぎりを食べたり、
草花を愛でたり、
遊んだり。

私の好きな場所で
大好きな子どもと
ただただくつろいで
ただただのんびりして
あぁ幸せと思いました。
[PR]
# by nonohanatomochan | 2008-04-16 12:25 | 日々のこと

充電

春休みを終えて
入学式も終えて
ほっとして、疲れが出たのだと思います。

昨日は毛布にくるまって充電し
今日は人と楽しいときを過ごして充電し
すっかり元気になりました。



今朝、「今日どうしてる?」ってお電話を下さった方。
同じように、入学式を終えて、疲れが出ておられるそうで
「人と会ってる方が元気出るから♪」と
「だからお茶しない?」ってお電話を下さったのでした。

心地いいおすまいでくつろぎながら
おいしいパンとコーヒーと紅茶に目尻下げながら
三人で、屈託ない、他愛ない、楽しいおしゃべりにいっぱい笑いころげて・・
本当に心にいっぱいの充電でした。

みんなそれぞれの忙しい日常があって
ときどきこうして心の充電や心のお洗濯を共にできる。
またしようねって次を心待ちにできる。
なんて嬉しいんだろう。



いつもいつも想います。
周りの人に、いっぱいいっぱい優しさや笑いやがんばって生きてゆこうっていう気持ちや・・
いただいてるなぁ。嬉しいなぁ。
[PR]
# by nonohanatomochan | 2008-04-11 22:06 | 日々のこと

おうち

日向の中学校の入学式。
中学時代、楽しいことも嬉しいこともときめくことも、いっぱい。
同じぐらいか、もっといっぱい、
いろんなことを見つめたり、向き合ったり、直面したりして、つらかったり、悲しかったり、苦しかったり、厳しかったり、
きっとある。
日向ができればいつも笑顔でありますように。
笑顔でいられないときもきっとあると思うけど
しまいには笑顔に変えてゆける
心のつよさ、しなやかさ、太さ、優しさ…
育んでゆけますように。
…そんな日向のために私ができることは
安らいで、楽しいおうち、
おいしいものをお腹に心に満たせるおうち
それだなぁと思った入学式の夜。
[PR]
# by nonohanatomochan | 2008-04-09 23:01 | 日々のこと

文具店に行きました

明日からの新学期に備えて
文房具を買い求めに文具店に行きました。
私と同じように、新しいノートや鉛筆を探したり、手に持っている
お母さんや子どもさんの姿がいくつも。
ちょっぴりお仲間意識芽生えるような気持ちがしました。




新しいノートをひらいたときの
表紙の固さ
まっさらな新鮮さ
初めて字を書くときの緊張感
それを思い出しました


学年が変わって登校する朝の期待と不安
新しいげた箱
新しい教室
新しい机
新しい窓からの風景
それを思い出しました



いくたびもそれを繰り返したんだなと
思いました。




真新しいノートを開くように
真新しい教室に入るように
真新しい机につくように
真新しい気持ち
それは
きっと今もおなじ
真新しい朝
おとなになった私もいつだって
まっさらな気持ちで
両手を広げて
新しい日の中に
駆けてゆける






明日からの新学期
どうぞ笑顔たくさんの子ども達ですように♪
[PR]
# by nonohanatomochan | 2008-04-07 23:41 | 日々のこと

今日、生まれて初めて知ったことがあって
そして、そのことから、はっと気がついたことがあって
感じいりました。

それは神様の数え方。
「神様を数える言い方はなんでしょう?」と尋ねられて、わかりませんでした。
「人なら一人、二人って言うけど、神様の単位、知ってる?」と尋ねられたのです。
「お一人お二人?」なんて答えたら、かなり笑われました。
なんでも「柱」なんだそうです。
初めて知りました。
それで、気付いたのです。

松江市には大橋川という川が流れています。
昔は橋を架けても架けても、
川が氾濫をおこして、橋が流されたそうです。
そこで、げんすけさんという方が、人柱に選ばれて、
神様に捧げられました。
げんすけさんの人柱のお話は、
松江の人はきっと多くの人が知っていると思いますし
橋のたもとには、げんすけさんをたたえる碑がひっそりたたずんでいます。
その、げんすけさんのことを思いました。
「人柱」というのは、単に、「人がなる橋の柱」という意味だけでなく
むしろ、昔の人は、神様に捧げられるげんすけさんへの感謝や畏敬の念で
げんすけさんは神様ととけあい、神様となる
そんな気持ちがこもった言い方だったのかもしれないって
そう思いました。
神様の数え方が「柱」だと知っていた昔の人ならではの…。


そんなふうに思ったら
げんすけさんの「人柱」という言葉にこめられた想いも
いっそう感じられて
げんすけさんが称えられるような気持ちがしました。
[PR]
# by nonohanatomochan | 2008-04-04 23:27 | 日々のこと