「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ささやかな想い

遅々とした歩みでも
ぶきっちょでへたっぴでも
それでも私は
私の歩みで歩いてゆこう
私の心の声に耳をすませながら歩いてゆこう
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-10-27 00:34 | ささやかな想い

10月22日の空

d0021134_13573821.jpg


この日はどこもどこも
真綿を広げたような雲が
空中に広がっていたのです・・
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-10-24 14:02 | 空みあげて

りんご狩り

きのうは
おばあちゃん
義弟のお嫁さん のぶちゃんと その娘 もねちゃん
そして保育園をお休みさせて(!)こうちゃんと私で
赤名のリンゴ園に行きました♪

秋の山はことのほか空気がさわやかで清々しく
りんごは皮をむくそばから果汁がにじみでるみずみずしさでおいしく
みんなでとても楽しい秋の一日を過ごしました^^

d0021134_141198.jpg


d0021134_1411545.jpg

[PR]
by nonohanatomochan | 2007-10-24 14:01 | 日々のこと

10月20日の空

d0021134_13555545.jpg



雲の輪郭が金色に輝いて
それはそれは厳かな夕空でした。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-10-24 13:57 | 空みあげて

ささやかな想い

今のこのわたしだから
あなたに逢えた
あの人にこの人に逢えた
幸せだな




お友達が
「Tが生まれてくれたから、野の花さんと逢えた!ありがたいな」って
そう言ってくれました。
同じことを私もいつも想います。
だんなさんと結婚したからこそ出逢えた人。
子ども達を授かったからこそ出逢えた人。
病気をしたからこそ出逢えた人。
私として生まれたから
いろいろなことを通ってきて今いる私だから
出逢えた人。
そう想うと
本当に有り難くって幸せ。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-10-19 14:26 | ささやかな想い

ささやかな想い

お空のうんと上のほうで
なにやらおっきなお方が
ちょちょいと私を動かしていてくれるのかもしれない
ちょちょいとあの人この人と逢わせてくれてるのかもしれない
なんて想像すると嬉しくなる






宗教を特に持っていない私なんですが
なにかおっきな存在みたいなものは感じてて信じてて
動かされてる、生かされてる・・そう想うと
とても嬉しくなります^^
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-10-19 14:25 | ささやかな想い

ひさしぶりのゆったりやすみ

昨日はにじのゆめのおやすみの日。
手づくりをしようと思っていたけれど
家のことを一所懸命して
そのあとは、久しぶりになんにもしないで過ごしました。
そして、こんな日だったからこそ持てる
大切なお友達からいただいた電話で
こころゆくまで嬉しい会話を楽しみました。


夜もなんにもしない・・って想っていたけれど
眠る前のひととき
やっぱり毛糸を取り出して
少し編み物。
そうすると毎晩
「なに作ってるの?」と
こうちゃんがのぞきこみ
「がんばってね^^」と
肩や背中をよしよしとなぜてくれます。
可愛いものだったら
「これ、こうちゃんにちょうだいね」と
おねだりもしてくれます。
これもまた夜の幸せです。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-10-19 14:20 | 日々のこと

ささやかな想い

夢はとても大事
夢を心にいだくこと、いだきつづけることってとても大事
夢で人も自分も一緒に笑ってることを想い描けることってとても大事
夢を心に、目の前のひとつひとつをしてゆくよ
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-10-18 11:21 | ささやかな想い

ささやかな想い

今ここにいる自分を感じると
いただいていることの有り難さが沁みてくる
そしたら
ありがとうでいっぱいになって
しあわせでいっぱいになってくる
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-10-18 11:19 | ささやかな想い

日向と・・

夜、お風呂から上がってひとここち。
玄関の「にじのゆめ」に自然と足が。
灯りをともして、そこでたたずんでいると、
日向がやってきました。
「ここにいるの^^?ここにいると落ち着く^^?」と
日向が言いました。
・・なんだか言葉にはならなかったけど
じわんと嬉しい心地がふわっと湧きました。

日向もにじのゆめでたたずみました。
木製リコーダーを手にとって
「いい音になった?」と、私に尋ねます。

木製リコーダーはまるで生きているように
育てるリコーダーです。
おろして最初の一週間は○分。
次の一週間は少し増やして○分。
そうしてそのあとは好きなだけ吹いても大丈夫。
という具合に、徐々に慣らしてゆくそうです。
まるで育てるみたい!

そのことを日向に話していたので
「どう?」と私に尋ねたのですね。

「吹いてみるね」と
私はリコーダーを吹き始めました。

「エーデルワイスだね^^」と言って
「うん、前よりいい音になってる。
前はもっときんきんした音だったけど
今はいい音だ」なんて^^十年早いようなこと言ってます(笑)。

今度は自分の部屋から楽譜を持ってきて
「今、学校で習ってるんだぁ」と
“千の風になって”のリコーダーアンサンブルの楽譜を持ってきてくれました。

さっそく「これ、大好き!」と少し吹きました。
それを日向がそばで聴いてくれました。

リコーダーに感謝です。
息子とのこんなひとときが幸せなので・・・。

リコーダーはおしまいです。

日向は今度はにじのゆめの中をぐるりと歩き回って
「母さん、ここは“ユニバーサルデザイン”じゃないね。
車いすは入れんよ。
母さんみたいに松葉杖の人も、ひっかかって転ぶかもしれん。
少しここを広げたらどうかな?」と
棚を少し動かしました。

なんだかまた、言葉にはならないけれど
じわんと嬉しい気持ちが湧きました。

こんなことを考えてくれるようになったんだなぁ。
いつの間にこんなに大きくなってくれたんだろう。

にじのゆめひとつをとっても
こんなにみんなの愛情が注いでもらわれてる。
他のこともみんな。

しみじみそんなことを感じます。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-10-09 01:06 | 日々のこと