<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

家族

昨日から
主人と子ども達は広島に出掛けています。

男衆達の旅。
今回は、四歳になったばかりの幸希も初参加。

本当に本当に久しぶりの一人の時間。

あれもしよう、これもしよう・・なんて
遠足の前のこどものように
わくわくしていたのに
いざ一人っきりの夜を迎えると
淋しくて、こころもとなくて、ちんまりといました。

お友達にわけていただいた羊毛で
お人形さんをこしらえながら
あまりにも静かな部屋の静かな心に
いろんなことが、ふわりと降って湧いてきます。



母は、一人暮らし。
あぁ・・夜、こうして過ごしてるんだなぁ。
いつも編みかけの編み物が枕元に置いてある。
いつも見なくてもテレビがつけてある。
あぁ・・こんな夜なんだなぁ・・毎日。

なんだか切なくなりました。

母は暮らしを楽しんでいるけれど
ある一面を感じて、切なくなりました。

声をかけよう・・と想いました。




あぁ・・そうだったなぁ。
前はいつも家族がくっついて
どこに行くのも一緒に行動していたなぁ。
少しだけ離れたお店までドライブがてら行って
ソフトクリームを食べて帰る・・
ただただそれだけで、みんなで幸せだったなぁ。

いつからだろう?
あぁ・・去年の秋だ。
日向が思春期に入って、家族と人が沢山いるところに出掛けたがらないようになってからだ。

そう思うと、家族がみんなくっついて動けるときは
本当に短くて、本当に限られてる。
大事にしよう。
それでもまだ、かわいらしいところがあって
家族と一緒に動く日向も引き連れて、
家族一緒時間を大事にしよう。




ひとり時間の静かなひととき、静かな心には
大事なことがいっぱい降ってくる。


それはきっと、家族時間の中で
一所懸命生きてる時間が濃密だからだ。


どっちも大事な時間。
だけど・・家族の「ただいま」の声が恋しくなっています。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-08-14 11:50 | 日々のこと

夏休みのはじまりと同時に始まった
「にじのゆめ」の工事。
一昨日、一部を残して終了しました。

とても暑い中を
たくさんの職人さん達のお力を頂いて
つくっていただいたお部屋。

毎日、朝に夕に夜に・・
できてゆく部屋の片隅に腰掛けて
たたずむのが幸せでした。
ぐるりと眺めて物思いにふけるのが幸せでした。
すると、いろいろなひらめきが
ふわりふわりと心にふってきて
ああしよう、こうしよう・・と
ますますわくわくとしてきました。

と同時に
建築家の主人の話を聞く限りでは
本当に簡素な簡単な工事・・だとイメージしていたのに
思いがけず、たくさんの方々に関わっていただいた、本格的な工事で
途中で気後れもしてしまったのも事実です。

もちろん工事を決めたときから
「あとにはひけない・・前を向いてがんばるのみ♪」と思っていたのだけど
工事をして下さる方々のお仕事を目の当たりにするにつけ
「がんばろう、がんばらなくちゃ、がんばるぞ」と、背筋がよりしゃんとしたのです。

そんなとき
日向が言いました。
「がんばらんでもいいわね^^
ゆっくりゆっくりでいいわね^^
オレはそうして生きてる^^」
と優しく声をかけてくれました。

またあるとき
楽都が言いました。
「オレは無理をするのは好きじゃない」
と、別件で言ったのですが
それはまるで、私自身へのメッセージにも聴こえて
大事に胸にしまいました。

そして
だんだんできてゆく部屋にいると
頑張ることとか
無理することは
このお部屋にもまるで似合わないなぁと想いました。

ゆっくりゆっくり^^
楽しく楽しく^^
顔晴る
誠実に・・・・・

そう想いました。




にじのゆめ
それは楽都がつけてくれた名前です。

「母さん!にじのゆめがいいよ!」と
突然ひらめいたように言い出した楽都。

心と心をつなぐ
にじのかけはし。
私の想いにぴったりな名前です。



さあ
にじのゆめは、どんなぐあいに産声をあげるのでしょう。
にじのゆめは、どんなあゆみをしてゆくのでしょう。
にじのゆめで、どんな出逢いがあり、どんな笑顔が満ち、どんな会話が弾み、どんな幸せを紡ぐのでしょう。

楽しみです。



今日、お友達との楽しいひとときからの帰り道、
車に乗ると、虹が空にかかっていました。
わぁ・・・と歓声を上げました。
そして、車が進むゆく手にずっとずっと虹がありました。
家に帰り着くまで。

「大丈夫大丈夫^^」と言ってくれているような
そんな虹に、涙が出そうなぐらい嬉しくなりました。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-08-13 22:14 | 日々のこと

風鈴

久しぶりに、
ひとり時間、しずか時間、おとな時間・・過ごしています。

いつもはにぎやかな子ども達の声にかき消されていて気づかなかった
軒下の風鈴が、夜風に心地よい音を奏でているのが
この部屋まで聴こえてきます。
あぁ・・いい音。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-08-13 21:57 | 日々のこと