<   2007年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

祈り

信頼していたり
尊敬していたり
そういうとてもお世話になっている大事な方のことを
「心配する」のは、なんだか失礼なような、おごっているような
そんな気持ちがすることに気づいたのはいつのことでしょう。

以来、決して心配そうなそぶりや言葉は見せないって
心で思ったのです。
からからっと
ほわほわっと
笑っていたいって、そう想うようになったのはいつのことでしょう。
さりげなく
なにげなく
あったか言葉を届けたい、そう決めたのはいつのことでしょう。

それはきっと、その方への全幅の信頼。
そしてそれは、私なりの祈り。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-06-06 00:00 | 日々のこと

大ちゃんの詩

今日、ふと

原田大助さん
の詩を想いました。
みんながそわそわきぜわしい春に
大ちゃんは、

「きれいな花見て

月も見て

ゆっくりしてるのが

一番です」


そう言って、詩を書いておられます。

そのことを想いました。

ときどき私はこんな大切なことを
両の手の指の隙間からぽろぽろとこぼしているようなことがあるって思います。

それから、こんなことも想いました。
大ちゃんは大ちゃんのまなざしで
大ちゃんは大ちゃんの内を流れるものを通して
大ちゃんは大ちゃんとして生きておられる。
それはとても尊いこと。
私が私として生まれて
今ある姿で生きていることもまた
きっと尊いこと。
ううん・・私が私として生きたとき
尊いことになる。
それはきっと、まるごと「YES」って
にっこり笑ってうなずいて
ゆっくり息して生きていくことで
尊いことになるんだろうな。
そう想いました。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-06-06 00:00 | 日々のこと

痛いとき

私はRSDという病気で足がちょっぴり具合が悪いです。
長く寝たきりのときがあったり
長く車椅子のときがあったり、ですが
今は松葉杖をひとつ使ったら大丈夫だったり
痛みも楽に感じていたりしていました。
それはとても有り難いことです。

どういった具合でしょう。
梅雨間近という季節のためかもしれません。
いろいろが嬉しくて楽しくてたくさん足にがんばってもらっているからかもしれません。
どういった具合かわかりかねますが、
近頃、ちょっぴり調子が悪くて
痛くていろいろが億劫になったり
松葉杖をふたつ使って暮らしたり
そんな様子です。

こんなときに私が育てられるって想います。
こんなときに人間としての真価を(自分自身の中で)問われて気づけます。
他の人にはわからなくても、自分自身にはわかります。
そして、まだまだだなぁ・・と自分育てにつなげてゆけます。

私はどうやらまだまだまだまだ・・・・です。
いらいらしてしまったり
もどかしくなってしまったり
気を許せる家族に甘えたり。
まだまだまだまだ・・・・・です。
まだ本物ではありません。

ここが私の真価の見せ所(自分自身の眼に・・です)
がんばるぞ。
育てるんだぞ。
そう想うと、この痛い時も、とても意味あるものです。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-06-06 00:00 | 日々のこと

ささやかな想い

種の落ちたその場所で

根のついたその場所で

微笑みながら自分の花咲かす

そんな野の花のようにありたい

小さく低く、そして温かく・・・

そっと静かに、そして朗らかに・・・
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-06-03 00:00 | ささやかな想い

ささやかな想い

朝露のように

ろうそくのように

野の花のように

心のどこかで

ずっとかすかに

きらきら輝き

ほのかにぬくもり

ほんわり微笑む

そんな心を言葉を

したためてゆきたい
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-06-03 00:00 | ささやかな想い