「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ささやかな想い

人と逢って
いっぱい話すと
その中に
なにかとても大事なことが含まれていて
ひとしずく
ふたしずく
心に大事なエッセンスとして落としていただける

いただいたエッセンスを大事に自分のものにしていけるよう
ひとり時間に
ゆっくりと見つめてみたい
心で自分と対話してみたい
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-02-23 15:26 | ささやかな想い

ささやかな想い

大事に想うから
大好きって想うから
わたし・・自然に動いててね
わたし・・ひとつの道具になりたいよ
限りなく小さくてささやかに
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-02-23 15:24 | ささやかな想い

ささやかな想い

立ち止まって
あしもとじっと見つめたり
周りをぐるっと見回したり
そして
またゆっくり一歩ずつ
そうしてゆこう
いつも
あしもとをたしかめて
いつも
人と自分と感じて
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-02-23 15:21 | ささやかな想い

ささやかに想ったこと

うちの近くにあるホールが好きです。
そこはこじんまりとしていて
ちょっと古風で
なんだかアットホームで
そんな雰囲気のホールで好きです。

そこにはパイプオルガンがあります。
今日、パイプオルガンの奏者さんのされる
オルガンスクールを見学させていただきました。

いろいろなことをいっぱい想った中で
一番強く想ったことを書きとめておきたいです。

15分ぐらい
奏者さんがパイプオルガンの演奏をなさいました。
いろいろな曲調のいろいろな曲です。
可愛い音
荘厳な音
静かな音
愉快な音・・・いろいろです。

威風堂々を聴いているとき
不意に涙がこみ上げました。
心が音にふるえているのでした。

そして
これは小さなやわらかな心の子供達に
もっともっと聴いてもらいたい
そんな美しいものだって想いました。

ちょうど読み終えた本に、こんなことが書いてありました。
その本は遺伝子学や免疫学など、生物学者さんお二人の
往復書簡集です。

その中にあったことが心にとまっています。

遺伝子やホルモンが発動する・・いわゆるオンになる・・
それは、それぞれ時期があって、
そしてそれは、限られた時期に発動するようになっている。

例えば、思春期になったら思春期に必要な遺伝子やホルモンが発動する・・といったように。

どうやら、とても小さな幼児期に、
美しいものを美しいと・・きれいなものをきれいだと・・温かなものを温かだと・・そう感じる感性の遺伝子やホルモンが発動するらしい。
その時期に、美しいもの、きれいなもの、温かなもの・・そういったものに触れた子は
のちに、美しいもの、きれいなもの、温かなものへの感受性が豊かな人になる。
例えば、戦争で闘う姿だとか、兵器だとか、そういったものは
美しくない、きれいじゃない、温かじゃない・・そういったふうに、自然に受け付けない、そういった心が育つ。
美しい地球、戦争のない平和な地球、それは
ごく小さい頃の遺伝子やホルモンがオンとなる時期をのがさずに
美しいもの、きれいなもの、温かなものに存分に触れさせてあげることがとっても大事。

そういったことを科学的に話されているのでした。

ちょうどこの本を読み終えたあとだったし
小さな子供達と一緒に過ごしているから
なおのこと強く想ったのかもしれません。




大人も子供も
目が不自由な人も、足が不自由な人も、計算が苦手な人も、
どんな人も
美しいもの、きれいなもの、温かなもの、心が喜ぶもの、ふるえるもの・・
そういったものに一緒になって触れられたらいいなぁ。

そんなことを想う見学でした。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-02-22 09:46 | 日々のこと

ささやかな想い

明日の朝が楽しみ
今日の始まりが嬉しい
これって
とびきりの幸せですね
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-02-20 15:44 | ささやかな想い

つながってるなぁ・・

少し前に読んだ
鎌田實さんの「それでも やっぱり あきらめない」。
とても好きな本でした。

その中にあった
チェルノブイリの女のお医者様タチアナ先生のエピソードは
とりわけ心に残っていました。

放射能汚染のために白血病になる子供達が多く
その子供達のために必死に働いた女医さんタチアナ先生。


一通のお手紙が届きました。

封を開けると
菅谷先生とおっしゃるお医者様について書かれたものが入っていました。
菅谷先生もまた、チェルノブイリに渡り、
医者として全力を尽くされた方です。


心に残っていたタチアナ先生と
お友達がお送りくださった
新しい出会い菅谷先生。


生きるお姿、お心
そういったものが
私の中に、大事なエッセンスをぽちょんと落としてくださいます。


こういう不思議なありがたいつながり
大事に想います。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-02-19 13:27 | 日々のこと

ヤクルトさん

何年か前に
きっと私
小さな手紙で書かせていただいたんじゃないかなぁ・・って
そんな記憶があるのですが・・^^

その当時
大好きなヤクルトさんがいらっしゃいました。
毎週一回
「こんにちはぁ」と
訪ねてきて下さって
お話しするのはとてもとても楽しくて
会うと気持ちが幸せでふくらむ
そんなヤクルトさんでした。

家を引っ越したので
会うことがなくなってしまったのですが
心にずっとその記憶がありました。

楽都のお友達のお母さんで
ヤクルトさんがいらっしゃって
何気なく「○○さんってご存知?」って尋ねました。
「うんうん・・○○さん・・知っているよ。
○○さんはね、今、売り上げトップだよ。
始められて六年目なんだけど
売り上げが始められた当初の三倍になってね
お客様が多くて、お客様に愛されている方なの!」と
にこにこと教えてくれました。

あぁ・・そうなんだね^^
○○さん・・お元気なんだね^^
それに、うなずける・・とっても。
○○さんの優しさ、朗らかさ・・みんなが「好き」って想う気持ち、
○○さんから買わせてもらおうっていう気持ち・・私もよくわかる^^

なんだか、とっても
幸せな気持ちになりました。

また○○さんから
「はいっ^^」って
ヤクルトを手渡していただけたらいいなぁ・・なんて
思い浮かべるぐらいです。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-02-19 13:25 | 日々のこと

ありがとう

加津子さんの講演会のポスターやチラシなどを
置いてくださったところに
「ありがとうございました」とお礼を伝えたくて
うかがっています。

なんだかとってもあったかな気持ちになります。

「おかげさまで
無事に終わりました。
こちらでお知らせしていただいて
ありがとうございました^^」って
申し上げますと

あるところは
なんだか背筋をぴんと伸ばされて
「それはそれはご苦労様でした」って
あったかくねぎらってくださいます。

またあるところは
「あぁ・・無事終わられましたか・・・^^
またなにかありましたら
きっとお力になれると思います。
お声がけ下さいね」
って心強くおっしゃってくださったり・・。

あぁ なんて嬉しいんだろう。
スキップふみふみ
鼻唄るるるん♪で
そこをあとにする私です。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-02-19 13:08 | 日々のこと

ちょきちょき

加津子さんの講演会のとき
雪の結晶をきりがみでこしらえました。

その時に
参考に^^と購入した子供向けのきりがみの本。
今は楽都が参考にして
いろいろ作っています。

もともと折り紙が大好きな楽都。
無心にちょきちょき♪ちょきちょき♪

切り抜いたあとに残る紙も
楽都の目には楽しく映るみたいで
「おぉこれは!」なんて
発見を楽しんでいますし
「あれぇ!バッグを作ろうと思ったら
エプロンになっちゃったぁ♪」なんて
偶然の産物を楽しんでいる模様で
私はそんな様子を見るのを楽しんでいます^^

楽都の周りは
紙で大変なことになっていますけれどネ!ふふっ(笑)
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-02-17 21:54 | 日々のこと

次も楽しみにしていますよ

大好きなエッセイストさん清川妙さん。

清川先生の心を伝える手紙講座。
二期目を終えました。

実はどたばたしていたために
三期目の講座を継続するお願いをしそびれていて
内心
どうしようかなぁ・・
このまま少し休憩にしようかなぁ・・
それともこれで終えようかしら・・・・
という思いもちらとかすめていました。

けれども、つい先日
提出した二期目最後の課題が
清川先生がご指導くださって私の元に帰ってきました。

いつものような
ふっくらと温かな朱筆で
とても温かなご指導・・
そして最後に一言、こう添えてくださっていたのです。

「次も楽しみにしていますよ」と。


迷いは消えて、すぐに東京に電話をしました。
そして、三期目継続の手続きをお願いしました。

かなり単細胞の私かもしれません。
けれど
なんだか「次も楽しみにしていますよ」は
心にじわんと沁みました。
「はい^^がんばります」って
すぐに想うほどの温かいお言葉でした。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-02-17 21:34 | 日々のこと