<   2006年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

なにかをさせていただくからこその嬉しさ

おはようございます。
今朝もまた明るい陽が注いでいて
清々しい朝です。



なにか動かさせていただくっていうのは
人と人とをつなげてくれること。

今年はPTAのクラス役員をさせていただいていて
あぁ・・よかったなぁ・・って
昨日もまた思ったのです。

昨日は授業公開日。
授業参観の後、PTA主催の講演会がありました。
講演会担当の部にいるので
昨日は、準備から片づけまで、半日仕事でした。

皆さんと一緒に、会場設営や受付、片付け・・
そうしてなにかをさせていただく中で
部員さんと心が通う感じというのは
なんともいえない嬉しさです。
なにかをさせていただいていなくては
感じることができないことです。

あぁ・・よかったなぁ♪って気持ちよさが残りました。

今週末の保育園のバザーのお手伝い
来週はPTAの合唱練習や
校舎改築のお引越し手伝い
その次週ももろもろ・・いろいろな予定が目白押しです。
なにかをさせていただくことで
心がどんなふうに動くんだろう♪って思うと
わくわくしてきます。

ひとつだけ宿題があります。
それはどうやら
気持ちに体さんがついていけないでいること。

足や腰が、どうやらぎりぎりまで
私の気持ちをくんでがんばっていてくれるんだぁ・・って
体の様子が伝えてくれるのです。

昨日もでした。
私なりにがんばりたいな♪って思う昨日の気持ちに
体さんは、うんとうんとがんばって応えてくれていたのだと思います。
途中で、冷や汗が出てくるほどの痛みを感じたりして
「あぁ・・体さん・・痛がってる」と伝わってきます。
「がんばっててくれてありがとう・・」って思いながら
おしまいまでがんばってくれました。
痛くなるのが、いいことなのかよくないことなのか
ちょっぴりわかりません。
暮らしの中にはいろいろなとき、いろいろなことがあるから・・。

気持ちをくんでがんばってくれたことに感謝しました。
がんばれたことを喜びました。
そしてその後、「ありがとう」ってねぎらいました。

やわらかな枝のようでありたいなぁって思いました。
うんとがんばって、うんと痛くなってしまうかもしれない。
けれど、うんと感謝して、うんと休めて、そして回復に戻ってゆく。
そんな枝のしなやかなしなりのような振幅でありたいです。

気持ちと体さんの折り合いのさじかげん。
これが私の宿題^^
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-11-10 10:00

心と心

この人はこんな人・・って感じられることは
心と心が近くなるワンステップ♪

ぼんやりとした輪郭の中に
この人はこんなことが好き、逆にこんなことは嫌い
こんなことを大事に思う、こんなことを良しとする
そんなふうに、その人の内側が感じられるって
なんだか安心です。

日向は転校生。
だから私も転校生のお母さん。
顔見知りが一人二人いらしたけれど
あとはみぃ~んな知らない人ばかり。
私が皆さんのことをどんな方かわからなかったように
皆さんも私がどんな人かわからなかったと思います。

かつこさんマジックでしょうか。
かつこさんのたんぽぽ綿毛をふうわり飛ばす風になりたくて
直感というか感覚なんですが
この方に・・って感じる人に
かつこさんのお話CDをお贈りしています。

今日はこんなことがありました。

あるお母さんが隣にいらして
「この前の・・聴かせてもらったよ。
とってもよかった・・・。ありがとう。

山口さんがどんな人なのか、よくわかった。
山口さんがどうしてそんな人なのか、よくわかった。

山元さんを好きっていう山口さんのことが、よくわかった。」

そんなふうにおっしゃって下さいました。

この方は、私と違い(笑)
感情を表にわぁぁって表す方じゃないのです。
だからなおさら、嬉しいって思いました。
笑顔や言葉に、親しみがあふれていました。
そして、このことを伝えてくださったことで
私のほうも、この人はこんな人・・っていうなにかを感じられて
心と心が近づいたようでした。

また別の人もそうでした。
同じように隣にいらして
「この前のありがとう・・聴いたよ。
山口さんのことがわかった。
私が感じてた山口さんそのものが、あのCDだったし
山元さんと山口さんはおんなじって感じた」
そんな風に話しかけていらしたのです。
かつこさんマジックはどこまですごいのでしょう。
私のほうでも、やはり、その人がどんなお心さんなのか
感じられて、あぁ嬉しい♪と思ったし
心と心が近づきました。

この人はこんな人・・って感じあえることって
なんて嬉しいことでしょう。

けれど
かつこさんマジックだけではなかったようです。

迷子になって体育館にたどり着けない私を
先生が案内してくださったりして・・皆さんの笑いを誘ってしまったり
受付で資料のプリントをお渡ししていて
あんまりドドッと皆さんがいらっしゃるから
大慌てで・・指先がおろおろ・・あぁプリントがうまくめくれない・・ごめんなさ~い^^;の私に
みなさんが「ふふっ 手伝ってあげるよ♪」とサポート。
そんなこんな書ききれない数々に・・
どうやらこの人は、よほどのおドジ?なんて伝わったのかな
みんなが私を護ってくれるのが伝わって
なんてありがたいんだろう・・・・って感謝でした。


どんなことであれ(笑)
感じあえることで心が近づいてゆけるって
嬉しいことだなぁ
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-11-10 10:00

大丈夫

体育館の後ろで
部長さんがうろうろ歩き回っていらっしゃいます。

「ご・・ごめん^^;
落ち着かんの・・・・ごめぇ~ん^^;うろうろしちょう」って
おろおろしておっしゃいました。

このあと始まる講演会で
皆さんの前で、司会をされたり、講師の先生のご紹介をされる予定になっていて
どうしよう・・って緊張していらっしゃるのです。
一人で、紙を見ながら練習もしていらっしゃいます。

私ね
「大丈夫^^大丈夫^^」
「なるようになるよぉ・・大丈夫♪」って
顔を合わせるたびに、にっ^^と笑いました。
「うん・・うん・・」っておっしゃいながら
そりゃそうですよね・・ドキドキです。

そして終わってから
抱きついてこられました。
「はぁぁぁぁ・・・・終わったぁぁぁぁ・・」って。
「うふふっ・・ばっちしだったよ^^大丈夫だったよ^^」って言うと
「うんうん・・終わった終わったぁ^^」って。
私も思わず深~く息をついて安心しました。

大丈夫って言うのが好き。
だれかにも・・自分にも・・。
そして部長さんがやっぱり大丈夫で嬉しかった^^
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-11-10 09:59

11月8日

友達から電話をいただきました。

「この前はごめんね。
ゆっくり電話できなくて。
ともみが電話をかけてくるなんて
それも何か聞いてほしそうに電話かけてくるなんて
話を聞いてほしいことがあったんだよね。

ともみは哀しいことを聞いてほしいとは言わないし
ましてや気持ちがぺちゃんこの時には
決して電話をかけてはこないから
よほど嬉しいことがあったんだね?

この前は聞けなくてごめん!
ところで何があったの?聞かせてくれる?」

友達は、話し出すとすぐ、そう切り出しました。

あぁ・・友達だなぁ・・って
感じ入ってしまったの。

お仕事で飛び回っている友達だから
そして友達が時間が空く夜は
私はチビさん達と一緒だから
なかなか電話の交換は難しいのです。
だから電話をかけるのは
よほどのことなのです。
それも・・どうやら、私の電話は
ねぇ♪聞いて♪って
嬉しいことを嬉々として話す電話らしいのです。

あぁ・・すべてお見通し・・
すべて感じてくれてるんだね

友達に感謝です。
ありがとっ♪
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-11-09 00:43

いのちの輝き

病気になるには訳がある。
その人に訳があって、だから病気になる。

お話の中にあって、
自分の中でめぐらせて、感じたことを書きます。

ほんとにそういうことはあるなぁ・・と思います。
(すべての病気がそうとはいいきれないとも思います。)
自分の生き方が、心が、
体の細胞なのか、なんなのか、
病気のスイッチをONにしてしまうことが
あるって思います。
すぐにONになってしまうんじゃなく
そこにたどり着くまでに、
何度も何度も警報が鳴ってお知らせがあるんだけど
それを見過ごしたり、見なかったことにしたりして
同じようにあり続けると
いよいよ、スイッチがONになってしまうのかなぁって思います。


逆のことも言えます。
とっても素晴らしいって思うことに、
治らない、あるいは、治るのにとてもたくさんの時間を要する、そんな病気でも
治ったり、予測されたよりもうんと早くよくなったり、
予測されたほど悪くならずあるところでとどまったりもします。
治ろうとするスイッチをONにしてしまうことも
やっぱりあるって思います。
それもまた心だなぁと思います。
医学というものだけでなくて
心・・って、とても大きな力になることがあるって思うのです。
そして
その「心」を引き出すのは、「人とのつながり」が
なんて大きく作用するんだろうって思うのです。
人とのつながりの中に「叶えたい夢」もこんこんと湧いてきます。
それは医学の常識をくつがえすほどの
大きな力になり得るって思うのです。

そのことを自分自身の身をもって知っていますし
また、長い入院生活で、間近にふれあった沢山の方を通して
教えられたことでもあります。

生き方や、心のありようが
病のスイッチをONにするのかもしれない、けれどね
人ってすばらしいことに
いつでも、気づけるんです♪
苦しいほど、深く気づけるんです♪
気づいたときから、目に映るもの、心に映るもの、耳に聴こえてくるもの・・一変するんです♪

病と共に暮らしながら素敵な波動だよっていう人、
私・・いっぱい知ってます♪

病を得て、気づいて、生きてることを慈しむ
そんな素敵な人達の「いのちの輝き」は
格別なものがあるのです。
そんな「いのちの輝き」に
私はまなざしをあてていたいなって
そんなことも想ったよ。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-11-09 00:42

おしらせ

毎回、投稿するとすぐ
トラックバックというのが
なんだか自動的にいくつもついて
それがどれも感じのいい内容ではなかったので
申し訳ないのですが
トラックバック禁止・・という設定にさせていただきました。
よろしくお願いします。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-11-08 09:50

11月8日

おはようございます。

昨日とは一転。
おひさまが顔を出し
辺りの木々の葉をきらきらと輝かせています。
目を見張るばかりの美しさ!
鳥もさえずっています。
アリさんの額ほどの庭の花も
今日は首をすくめることなく
のんびりと陽に注がれています。
穏やかな朝です。
一日の始まりです。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-11-08 09:42

死んで居る

昨日の夕方、珍しくテレビをつけていて
見るともなしにテレビをつけっ放しにしていたら
ハッとすることに出逢いました。

子沢山のおうちの映像でした。
お父さんはどうやらお亡くなりになって
お母さんがお父さんへの想いを胸に
大事に子どもさんたちを育てていらっしゃるご家庭のようでした。

武田鉄矢さんがこんなことをおっしゃいました。

人には生きて働く人と
死んでから働く人がいる。
死んで・・居る・・んですね。
死んでからもなお、大事な働きをする人なんですね。

美空ひばりさんもそうです。
あの方は死んでからたくさん歌っています。
本物の人っていうのは
死んでからもなお働き続ける「死んで居る」人なんですね・・。

お父さんは、死んで・・居る・・んですね。


そんなふうなことをお話になりました。
あぁ・・そうだ・・って思いました。

少し前の日記に書いた
金子みすずさんや神谷美恵子さんや星野道夫さんを例に書いたあの気持ち・・
それは、こういうことだったんだなぁ・・って教えていただけた想いです。

死んで居る。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-11-08 09:42

お布団

なんにもできないけれど
いつも祈っている方がいて
その方のおうちのそばを通ると
祈りながら
そっとお宅を見ます

お布団がおひさまのもと干されていたり
車がくつろぐようにとまっていたり
そうすると
あぁ・・よかった・・嬉しい・・
って想います

ちょっとあやしい人みたいですが
こうしてそっと祈らせてもらうことしかできないから
ちょっとあやしくても
神様・・赦してね
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-11-06 01:33

再会

大切な人を大切に・・

そんなふうにできる今の訪れが
嬉しいです。

人とのつながりは宝だって想います。
歳月と共に深く想います。

大切な人を大切に・・

とてもそう想います。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-11-06 01:30