<   2006年 10月 ( 44 )   > この月の画像一覧

覚え書き 素直な心

あぁ!まさにタイムリー、まさにこれに表されている気持ちだったんだ!
ブログにも載せた、従来から想う気持ちを、ふと詩にしたもの。
青空。ニュートラル。
まさにこのことだ。

今、読んでいて、わ!って思った。
松下幸之助さん 『素直な心になるために』に、あった言葉


つまり、素直な心とは、私心なくくもりない心というか、一つのことにとらわれずに、物事をあるがままに見ようとする心といえるでしょう。




まさにこれだ。
そしてPHPに必ず書いてある「素直な心になりましょう。素直な心はあなたを強く正しく聡明にいたします」という一文、
十代に出会って以来、すごく心に残っていて、
年齢とともに、そのことの意味することは
とっても大切なこんだと、実感としてかみしめるようになっています。

あぁ、私は語彙とかが少なくて、しばしば言い表せないけど
行き着きたいところは素直な心だったんだなあ。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-10-01 02:41

9月30日

私、
海のように
空のように
原っぱのように
大きな大きな・・ほんとに大きな心になれたらいいな・・って
心から想う。

それは、ゆとり・・なのかもしれないなぁ。

今朝は、四つ、
がさがさっていうような
とげとげっていうような
いらいらっていうような
そんなものが伝わる心に会った。
続けて同時に、そういうものが伝わる心に触れたとき、
私は、さざなみを生じてしまう。
まだまだ、まだまだ、ちっぽけな心。

自分にゆとりがないから、
それを包むだけの大きさがないのだろう。

そのさざなみは、結局、私自身をものみこんでしまって
なんだか、私自身も、がさがさ、とげとげ、いらいら・・ってなってしまった。

それから、周りは自分を映す鏡だから、
私自身が、がさがさ、とげとげ、いらいら・・を呼ぶ心だったのかもしれない。

どこかで断ち切らなくちゃ。
そう想って、
今日は、子供達がみぃんないてくれたから、
日向の手を握って・・
がっちゃんを抱きしめて・・
幸希をぎゅうってして・・
そうして・・そうして・・いつもの私を取り戻してゆきました。

それから、大好きなお友達の留守電。
わぁ・・○○さんの優しくて朗らかなお声♪・・それもまたとっても嬉しくて・・
おまけに今日はお目にかかれて、
両手でもあふれるぐらいのバラの花束をいただいて・・
心がやわらかく安らいでゆきました。

それから、大好きなお義父さん、お義母さんと
一緒にご飯を食べました。
お義父さん、お義母さんは、懐のあったかぁくて・・ゆぅったりしていて・・
ほんとうに包まれる方で
私も・・それからこんな母さんと一緒だった子供達も
みんなくるまれて幸せなのでした。

すぐそばの子供達。
それからいつも護られてるお義父さん、お義母さん。
そしてお友達。

今日は、みんなにくるまれた日でした。ありがとう。

ゆとり・・を大事にしよう。
そして、出会ういろいろなものに動じないで、くるむことができるほどの
そんな心を保っていられるよう・・一ミリずつ一ミリずつ・・心をおっきくしてゆこう。
ゆっくりでいいから。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-10-01 00:14

ニュートラル

いつも心を
ニュートラルにしていたい。

どんなことも
あるがまま
ありのまま
そのまんま
すぅっと受け止めるには
いつだってニュートラル
それがいいな
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-10-01 00:08

青空

想う、
青空のようにいたいなって。

黄昏時の空
曇った空
真っ暗な空
どんな空のようでもいいって想う
けれど
一番そうありたいのは
すこーんと抜けるような
どこまでも澄み渡るような
あの青空がいい
私の心・・そんなふうでありたいの
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-10-01 00:07