<   2006年 09月 ( 42 )   > この月の画像一覧

9月22日  

歌。
「私を泣かせて下さい」卒業。
何度も歌うごとに、歌えないことがわかる。
でもいい^^
何度も歌って、ゆっくりゆっくり、いつか気づいたらあぁちょっぴり歌えるようになってた♪
そんな感じでいいなぁって思う。
次の歌はヘンデルの「オンブラマイフ」。
あるエピソードで敬意を抱くヘンデルさんの歌が続いて嬉しい。



人と人。
人と人っておもしろい。
同じ人でもAさんと一緒に時を過ごすときと、Bさんと一緒に時を過ごすときとでは
きっと違うのだろう。
(中には、いつでもどんなときでも変わらない自分・・っていう方もいらっしゃるのかもしれないけれど・・)
だから、同じ人でも、交わる縦糸横糸で紡ぎ、おりなすふれあいは
きっと違うんだろうなぁ。

いつも自分らしく自然体でいられたらいいなぁ。
相手の人も、そして私も。
それが一番、幸せ^^



沈黙。
昔、私は電話が非常に苦手でした。
あの沈黙・・が苦手だったから。
電話は顔も見えないし、仕草も伝わらないし、だから
口下手な私としては、沈黙になると申し訳ない気がして、
一生懸命話さなくちゃってなっちゃうからです。
でも、沈黙がまぁぁったく気にならない・・沈黙の時間に心の想いをくゆらす・・
そんな心地いい沈黙を知ったから
昔ほど苦手じゃありません。

けれど、今でもこんな傾向があります。
すごく気を遣ったりすると、私、饒舌になるんです。
お付き合いの日が浅くて緊張していたり、逆に相手の方が緊張なさっていたり、
そうした方との時間には、私はどうも饒舌になります。

今日も私、饒舌でした。最初。
でも・・・・途中、ふっとできた沈黙が、まったく気にならなかった。
ということは、もうきっと、次にお目にかかった時には、大丈夫^^

沈黙が気にならない。沈黙が心地よくさえある
そんなふれあいのひとときって嬉しい。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-09-25 00:10

9月22日  ささやかな想い

この空に
この風に
この光に
この木々に
この花々に
この稲穂に
この道に・・・・・・
来秋も
ううん、明日もまた逢える
そう想っているけど
ほんとはわからないこと
今こうしてここにいることは
とてつもない喜び
奇跡の喜び
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-09-24 23:44

9月21日

いい風~(*^^*)。
青空に誘われて窓を開け放すと、気持ちいい風が吹き込む。
車の運転もさわやか。

一年に幾日か、今日はトホホ(ToT)の日ってあるけれど
まさに昨日がそう。
体も心もコンディションが悪かったです。
病院や薬よりもなによりも、まず大事なのは、心や体に快適な暮らしだなっ♪
リラックスして、心と体に優しくネ♪…が、今朝の気持ち。


今朝、ヤドカリがうずくまっているふうに見えて、
私はおののいてしまって、しゅんとなった。
あぁ………と。
でも…と一縷の望み。
ただ貝殻に入ってるだけかもしれんし…って。

水をとりかえ、中を気持ちよく整え、望みをかける。
そして外出から帰ってきたら、ヤドカリが顔を出してる!
あぁ、よかった。
たちまち、消えかかってた心の灯りが、また、ぽぉっとともりました。


中海大橋を渡り、橋北に。
風はますますさわやか。
頼んでいた音楽が届いたから。
先日、楽器店に行った時に、店内を流れていた音楽がすごく良くて、
お店の方に尋ねて教えていただいた。
「これ、トキワガーデンで見つけたんです、いいですよねぇ(*^^*)」と。
森の中をお散歩しているイメージの音楽。
ピアノとチェロと自然の音色(鳥のさえずりとか…)。
思い立ったが吉日♪さっそく、トキワガーデンに行き、尋ねると、出雲店に1枚だけ残っているとのこと。
あぁ、よかった。
それが届きましたと連絡をいただき、受けとりました。
改めて聴いてみると、やっぱりいい(^-^)


橋北に行ったついで!?に
先日の楽器店に。
思うところがあり。
そして尋ねてみたらありました!
あぁ、嬉しいな。
「千の風になって」という歌の楽譜です。
お友達(お友達?お姉さん?とにかくとにかく大好きな方(*^^*))にいただいたMDがすごく良くて
今度、歌の教室で歌いたい!と思いついたのです。
「どんな曲なんでしょう?最近、問い合わせが多いのです。この曲」とお店の方。
「とってもいい曲なんですよ…」と私。
さぁ♪教室で教わるのが楽しみです。


昼からは少しだけ手しごと。
無理はしないで、アラームをセットして、その時間内だけ。
ついつい、もう少しだけ♪と手を動かしちゃう私だから(笑)
毛糸のポーチを作っています。
できあがりは明日かな?
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-09-21 15:36

覚書

そぅ、かなりほっとしました。
私、「頭の中の消しゴム」という映画、身につまされて、
実はかなり心配でした。

ほんっとにおおぼけで、
道は覚えられないし、
物も覚えられないし、
見えてないと忘れるし、
なにかに夢中になると他のことはどこかにすっ飛んでしまうし…
頭痛もちだし…
アルツハイマーが怖かったです。

今夜テレビでアルツハイマーのことをしていて
早期発見の簡単な検査をしていて、してみたら大丈夫でした。
ほんとに心配だったの。
病気じゃなくて、単に……おおぼけなだけでした。

三十分以内の昼寝が、アルツハイマー予防にいいとか。
わ~い、正々堂々、お昼寝しようっと(笑)

有酸素運動。
脳にいい食事。
味噌、魚、トマト、パセリ、などなど、出ていたなあ。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-09-20 01:04

最近、つくづく思ったこと

そのことに触れたら、たちまち心が重く憂鬱になったり、怖くなったりすることがある時、
ぐぐっと自分自身の内側にもぐって、自分のことをじっくり見つめてみたり(それはいい点も悪い点もすべてをそのまんま)、
「そのこと」についてそのまんま受け止めて、
そのまんまの感情を許してやること(こんなこと、思ったり、考えたりするなんて、ダメ!って、否定してしまうことなく)が大事。
それからのちは、もう、自分の内側に取り込まないことだ。
深く見つめた。
深く考えた。
深く感じた。
深く反省した。
深く知った。
…そしたら、もうそれでいい。
あとは、いかに自分の内に取り込まないか…だ。
そのためには、「そのこと」を引き寄せ、出会って、苦しんでしまった、その波動から離れることだ。
それは、自分の波動を高めてゆくことだ。
自分の波動が高まったら、いやな「そのこと」からどんどん遠くにゆける。そしてもう、この形では会わない。
自分の波動を高めるには、心を感謝でいっぱいにしたり、人に喜んでもらえることに心を尽くしたり、素敵な人や出来事に心を寄せて感化されたり、そうして波動を高めたい。
それって、わくわくすることばかり。
だから、わくわくすることを楽しく喜んで感謝して、ひとつひとつしていたらいいんだ。
結局のところ、「そのこと」に遭ったのは、だれのせいでも、だれが悪いのでもなく、自分のそのときの波動が低かったから。すべては自分にある。
そのことをじっくり知れば、そこからもう、拓けてくる。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-09-19 23:32

9月19日

台風が過ぎ去った後の空は、澄み渡って本当にきれい。
あぁ、なんて気持ちいいんだろうと、この澄んだ空と、さわやかな風に、たまらなく幸せになる。


自分が体調を崩したり、子供が病気だったりしたあとは、不思議と家がくすんだ色合いに見える。
それをさっぱりきれいにしたくなる。
久しぶりに片付けに没頭。
片付けたのは、ほんの一部だけど、いい気持ち。


それから、久しぶりに手しごと。
モヘヤ毛糸でコサージュを。
これは、お義母さんに教わったもので、かわいいお花ができあがる編み方。
教わって以来、いったいいくつ編んだだろう。
来月初めの初フリマ(先日のリベンジ(笑))のためと、そして、小さな幸せ屋さんのために、ゆっくり手を動かした。
まずは私自身が好きで、暮らしにあった嬉しいもので、子供が喜んでくれるのが嬉しいもので…って、そんなほんとにささやかな手しごと。
ほんとにぼちぼちゆっくりペースで。


没頭できるって、ありがたい。
家族や自分が元気でいて初めてできることだから。
ありがたい、ありがたい。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-09-19 23:23

9月18日

子供たちと過した三連休。(だんなさんは仕事で不在…お休みなしで出勤、お疲れ様でした)
たっぷりと子供たちと過ごせたなぁ、かわいかったなぁ…そう振り返る夜。


夕べのこと。
ごみ袋がなくなっていて、それから主人の寝癖直しもなくなっていて、近くのお店までひとっ走り。
みんないい子にしていたから、そっと家を出た。
用事はすぐ済み、そのお店の近くの本屋さんに、ちらっと寄る。
短時間にさぁ~っと本を見る。
結構真剣なので、不思議と短時間に「これ♪」という本が、ぴぴっとくる。
気分転換に文庫本2冊仕入れて、さあ帰宅。
家を出てから帰るまで、15分くらいなものだったのに
玄関に入ると、たちまち
「わあ~母さん、帰ってきたんだね~♪」と幸希。
「母さん、ねぇ聞いて!」と楽都。
うふふ(*^^*)
ささやかに幸せ。
今、このときが、愛しい。
なんだか、とんでもなく時間や体力やがいっぱいいっぱいなことが多い中で、
こんな幸せがじんわり胸を温めてくれる。
私の目のカメラで、心のアルバムにずっとずっと残しとおきたいこのときを、写せたらいいなあ。
駆け抜けるように大きくなってゆく子供たちの、いまこのときを、忘れないようにしっかりしっかり胸に刻みたい。


日向は、そろそろ一人で静かに自分なりに過ごす時間がほしく、留守番。(その間、いっぱい映画を見た~とご満悦♪)
今日は、ちびちゃん達と外出。

幸希は百円ショップが好き。…私も(*^^*)
淡い色合いのチェックがかわいいガーゼのハンカチ。
木製のお人形。
手芸用品のコーナーではレースや花のモチーフ。
見つけて、にっこり、にまにましてしまい、お連れした。
幸せ(*^^*)
さぁ、次は今日の戦利品でなにかを作る楽しみが味わえるo(^o^)o


それからもう一軒お店に。
休日のちびさん達のお気に入り。
子供たちの遊べるスペースで、汗を流しながら走り回り遊ぶ。
子供って、やっぱりこうして思いっきり体を動かすのが好きなんだなあ。
ただただぐるぐる走り回るだけなのに、笑い転げて楽しんでる。
いい顔だ(*^^*)


それからドーナツ屋さんでお茶タイム。
ちびさん二人並んで、幸せそうにドーナツを頬張る姿はなんてかわいいんだろう。


夜は、おみやげのドーナツでお茶ごと。
楽都がはりきって「ドーナツパーティー」って看板も作り、
テーブルセッティングもしてホスト役。
なぜか(我が家はいつもこの歌)ハッピーバースディを歌って…楽しかった三連休はほんわりおわりを迎えた。


いっぱいお話してくれた。
いっぱい抱きついてくれた。
い~っぱいの愛しさ。
胸に、また明日からがんばろう。
みんなも、それぞれの場所でがんばろうね。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-09-19 00:23

9月17日

雨が降るなか、幸希はるんるん♪です。
お気に入りの水色の長靴、くまさんの絵のかさ、足取り軽やかに雨の中。
空がどんよりだって雨が降ったってハッピーです。
ちびさんは、いつだって七色虹の世界に住む住人さんみたい。それとも一面のバラの国でしょうか。
幸希を見ていると、そんなふうに思ってしまいます。
いつもうきうき楽しそうで♪


夕べは明け方まで、楽都が熱で寝苦しそうにしていて、冷たいタオルをおでこに当てたり、脇の下を冷やしたり…。手をつないでいたり…。

楽都はがんばり屋さんで、弱音をはかない子だから、こんなときには弱音をはいてもいいよって思うけど
強い意志でじっと辛抱するのです。
だから手をつないで、大丈夫(^-^)って声をかけて、そばにいるのがせめてものことなのでした。


午前は、母が来てくれました。
がっちゃん、どんなあ~?って。
孫とおばあちゃんにも相性ってあるのかな。
どの子もかわいいけど、楽都はとびきり(^-^)と、内緒話を打ち明けるみたいにこっそり言う母。
幸せな楽都。


母は編み物をしていて、それから自称着道楽なので、ファッション関係が大好き。
私がかぎ針編みの本を持ち出して
ねぇ、こんなの編むのは難しいの?
とか聞いたり、
すてきな洋服の本を広げては
ねぇ、これっていいでしょう♪
とかって母に見せると、
母は興味しんしんで本を食い入るように見ます。
あら、これ、いいわね~今度、こんなのを編んでみたい
そう言いながら、きっとイメージが広がっているのでしょう。
しばらくは母は母の世界に入ります。
そんな母を、ああ、いいなあ(^-^)と眺めます。
自分の世界があって、アンテナびんびん張り、いろんなことがいい刺激…の母。
いい感じ(^-^)

そういえば、私の書の作品を飾っていたら
あら~これはなんて書いてあるの?…へぇ~聲…昔の声っていう字ね~。
と、指でなぞってみたりするのです。
わあ、すてき。
わが母ながら、(手前味噌みたいではずかしいやら、読んで下さる方に申し訳ないやらですが)いい感じ(^-^)と思うのでした。

さあ時刻は夕方です。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-09-17 16:23

9月16日

私の熱は扁桃腺から。
昔からなんです、扁桃腺。
どんなメカニズムなのかなあ。
メカニズムが解明できたらありがたいなあ♪
したいこと、しなくちゃならないこと、いっぱいなんだもん♪


橋田先生には、深い感謝、深い敬意でいっぱい。
前に住んでいた町の小児科医院。
その頃は、日向がほんとにお世話になりました。
が、今は住む町が変わり、離れて以来、近くの総合病院にかかっていました。
そちらの総合病院のお医者様も、ほんとに優しくて、親も子もすっかり安心してかかれるお医者様でした。
が、総合病院はなかなか大変なのです。
予期せぬ突発の病気が多いちびさん達の我が家の状況には、なかなか合わないのが現状でした。

ある弱り果てていた時(かかりつけの総合病院に、夜、電話をかけて救急外来の診察をお願いしたら、小児科の薬を処方できる薬剤師がいないから対応できないと断られ…あぁ、どうしよう…と。)、
「今、お風呂に入っていてね…申し訳ないけれど、○分頃に来てもらってもいいですか?少しでも早い方がいいから、いらしてください」と、すぐに受け入れて下さったのです。
ほんとにありがたくて…以来、家からは離れているけど、なにかあればすぐにお電話させていただいています。
そして、親子共に病気という時、先生は私にもお薬を処方して下さり、ほんとにありがたいのです。

今日もでした。
午後、楽都が高い熱で急にぐったり。
たくさんの役割がある運動会を無事終えた疲れが、きっと出たのでしょう。
急きょ先生を訪ねました。
そして、診ていただき、おまけに、私まで。
助かりました。

総合病院には総合病院のよさもあり、
そして、かかりつけの町のお医者様がいて下さることの感謝…それも大きいです。
いつもさりげなく優しく受け入れて下さる橋田先生に、深い感謝と敬意でいっぱいです。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-09-17 00:23

笑顔

ふふ。
頭を休めようというのは今の私には無理なよう(^-^)
いろんなことを考えてしまう。

笑顔っていいなあ。
余韻がずっと温かく残る。
一期一会の人だって。

数日前、夕方、日向を、友達宅近くの車が入れる所まで送った時のこと。
雨が降り始めていました。
後ろの座席から降りようとする日向。
少しドアを開くと、通り掛かりの方が手を差し延べてドアを外から開けるのを手伝って下さり、
日向が降りたのを見届けると
片手を「じゃ!」とでも言うように清々しくあげられて、立ち去ろうとされました。
すごく嬉しくて、「ありがとうございます~!」と言うと
ものすごく温かな笑顔で、もう一度片手を「じゃ!」の形にあげて、そして歩いてゆかれました。
なんて温かな方と会えたんだろう。
しばらくほかほかでした。

また別の日。
お店でお茶をいただいていました。
湖が見渡せる素敵なところ。
窓が大きく大きく湖に面しています。
ふと外に、ご年齢の方がウォーキングというかトレーニングというか、
慣れた風情でしてらっしゃるのに気付きました。
ついつい目で追いかけてしまいます。
そしたら、またまた、ものすごくいい笑顔で、こちらの方を見て下さり、手をあげてゆかれました。
あぁ、すてきにいい笑顔!と
目や心にやきつきました。

もうお目にかかることはない一期一会の出会いかもしれないけど
あの日、あの時、あの場所で
こんないい笑顔に逢えたことは
きっと胸に刻まれるし
そこに行ったら思い出すんだろうなあ。

しかし…いい笑顔だったなあ。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-09-15 15:37