「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:未分類( 386 )

笑顔に私の心もハミング

えっ!と目を疑いました。
なぜって、この暑い暑い夏の盛りに
クロネコヤマトさん、自転車で配達をなさっています。
大きなリヤカーのようなものを後ろにくっつけて。
初めて見たこの夏。
本当に驚きました。
だってこのあたりは団地になっていて
坂道が多いのです。
そして、この大変な暑さです。
見ていると気の毒に思えて仕方がない状況の中です。

「自転車になられたんですね。
暑いし、大変でいらっしゃいますね・・・」と申しあげると
「はははっ^^
けれど、これ、モータがついてる自転車なんですよぉ^^」
・・・とはいっても、どんなに重たいか、想像すると容易にわかります。

こうしてお話して以来、道でお会いすると、
会釈や挨拶をかわすようになりました。
それで気がついたのですが
いつもいつも笑顔でいらっしゃるのです。
遠目でお見かけして、一心に坂道を自転車こいで登っていらっしゃる時も
笑顔なのです。

ぐっときました。
だって、「大変だ」「しんどい」「なんでこんな思いしなきゃならないんだ」って
言葉や表情になったって無理もない、こんなときなのに
この方はいつも笑顔なのです。
それで、見かけたり、会ったりする私は
いつも幸せなのです。

ほんとうの笑顔って
なんて尊いんだろう・・・・。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-09-23 23:42

夢にも護られてる

楽都と幸希が回復し
保育園に復帰^^

今日は欠席した日向と私の二人で
日中を過ごしました。

おかげさまで
今日はお布団に入って
午後からの数時間
コンコンと眠りました。
嬉しかったなぁ。

そして
すごくありがたい夢を見ました。
嬉しい嬉しい夢でした。

大好きな人
大切な人が
次々夢に登場されました。
そして
私にとって大事なメッセージを
夢の中で伝えたり
そっとそばに置いてくれました。

目が覚めて
あぁ・・私、夢にまで護っていただいてる!って
別に信仰をもっているとか
信心深いわけとかじゃないけれど
なんだか敬虔な気持ちになりました。

ありがたいなぁって
心がぬくもる夢でした。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-02-16 22:12

ありがとう

「ありがとうございます」
その気持ちでいっぱいです。

石川からおいでくださって
本当にたくさんたくさんお心をこめて お話したり、
みなさんを大好きっていう気持ちでくるんでくださった山元加津子さんに・・心からありがとうございます。

加津子さんのサポーターとして
本当に優しさのしみいる小林さんに・・心からありがとうございます。

雨も降ったりした中
貴重なお時間をいただいて、足をお運びいただいて
加津子さんのお話を共にわかちあえた方々
笑顔やお声や真心や、を、たくさん置いて帰ってくださった方々に・・
心からありがとうございます。

スタッフとしてご一緒に頭や体や心を持ち寄り合って
助け合って・・そして支えて下さった方々に・・心からありがとうございます。

そして
こんなにも頼りなくって、こんなにもいたらない私ですが
いつもいつも笑顔であったかく・・涙もいっぱい流しながら・・
ずっとご一緒に準備をさせていただいたお友達に・・心からありがとうございます。

そして
ぶきっちょな私がおうちのこととそれからこうしたこととを
両立させるのは、私だけじゃとうていできなくて
家族が一丸となって護って支えて助けてくれたから・・家族に心からありがとう。


そしてね・・
離れていても、たくさんのお友達から
エールを届けていただけて
すごく心丈夫でありがたかったです。


いっぱいのありがとう・・の講演会でした。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-02-12 09:37

深い出逢い

今日、そんな忘れられない人にお逢いしました。

涙の数だけ優しさがあって・・
哀しみの数だけ深い出逢いがあって・・
そういうものなのかもしれません。

K婦長さん。
三人の子を産んだ病院の産婦人科病棟の
当時の婦長さんでした。

お顔の原型が笑顔?!って想うほど
いつもお顔いっぱいに笑ってらっしゃる婦長さん。

いえいえ・・そうでもなかった^^
いっぱい泣き顔にも逢いました。
感激されると涙がこぼれる
涙もろい婦長さんでもありました。



がっちゃんを産んだ時のこと。
前に書いたことがあります・・
がっちゃんは一分をあらそうそんな病気で生まれて
生まれて一時間後には、大きな手術を受けました。
そして、そのままICUに入院になりました。

産後すぐの私には、そのままは伝えられませんでした。
みんなが産後すぐの私を護って下さったのだと思います。

主人も「おなかにちょっと具合が悪いところがあって
ちょこちょこっと治してもらったよ。
もう治って大丈夫だから心配はいらん^^」と言いました。
(主人は苦しかったと思います。
おばあちゃん達も泣き崩れたり、
気を失ったりしたそうですが
私の前では本当に感じさせないでいてくれて
あとから感謝しました・・)

私はそのまま受け取って、大きな心配はその時はいだいていませんでした。
・・が、ICUに初めて行って、現実を目の当たりにして、大きなショックを受けました。

だけど不思議です。
すごくショックをいだいた時って
本当にあやうい精神状態になるんですね・・
みんなが私を心配して下さっているって伝わるから
笑ったりもできるんですね・・
元気ばったりもできるんですね・・

でも、ある時ポキンと折れちゃって
おっぱいもとまり
ご飯ものどを通らなくなり
・・本当にポキンと折れちゃったのです。

その時、K婦長さん・・
半日近く、ずっと私の部屋で二人きりになって下さり
ベッドサイドに寄り添っていて下さいました。


赤ちゃんはね・・
お父さんやお母さんやお兄ちゃんを選んで生まれてくるんだよ。
このおうちに生まれようって、自分で決めて生まれてくるんだよ。
これはね、がっちゃんが自分で決めた試練なんだよ。
だれのせいでもないの。
がっちゃんは生まれながらにして試練を決めて生まれたんだね・・強い生命力、強い運命の子だね。

医療にたずさわる者がこんなことを言うのは変かもしれないけど
今までたくさんの生死のそばにいて
私はほんとにそう想う。



自分のせいなんじゃないか・・って自分を責める気持ちもわかるよ^^
けれど、自分を責めていることと
生まれて、今がんばっている赤ちゃんに、なにができるだろう?って考えることと
どっちが大事なことだろう?
私は、赤ちゃんのためになにができる?どうしたらいい?って
そう考えることの方が大事なんじゃないかな?って想うよ。



・・・K婦長さんが優しく優しく
そばにいて下さったこと・・・
お話して下さったこと・・・
心に刻まれています。



また、こんなこともありました。

私は帝王切開だったから、産後二週間ぐらいの入院でした。
その間、子どもは病棟には入れないのです。
小さな子は感染症にかかっていることが多くあるから
感染予防のために入れないことになっています。

小さなお兄ちゃんはどんなに淋しかったことでしょう。
いつも病棟近くの廊下に待っていてくれて
私がそこに出てゆくと
姿を見つけて、全速力で駆けてきました。
私は両手を広げて、駆けてくる子を抱きとめて
ぎゅう・・って抱っこしました。

ふと私たちのうしろで、
K婦長さんが泣いておられるのに気づきました。

そしてこちらにいらして
「あなた・・がんばってる・・本当にがんばってるのね・・・。
お兄ちゃんをこんなに抱きしめてあげてくれて、ありがとう・・・」
ってぽろぽろ泣いておられました。

その後すぐのこと。
私のベッドまで来てくださり
「これ・・読んでみて^^」と
絵本を貸して下さいました。
それは外国のHUGっていう絵本でした。
病室で何度も何度も読みました。
だきしめる・・そのことのあったかさ伝わる絵本でした。


忘れられない瞬間瞬間
忘れられない想い
忘れられないぬくもり
・・なんだかいっぱいあるお方で・・
今日、ふっと逢いに行って・・そして
今日もまた深く逢えました。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-01-13 01:29

新しい年

あけましておめでとうございます。
いつもありがとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
みんな穏やかに心愉しいそんな年でありますように・・・。
昨年はほとんど発行できず申し訳ありませんでした。
今年は少しずつお送りさせて頂けたらと想っています。
さて「今年はこんな年にしよう」とお心に抱いていらっしゃるでしょうか?
私?「手、耳、心」これを大事にします。
手間を惜しまず真心込めて手を動かす。
耳を澄ませ傾けて声を聴く。
なにより心を大事に。
よろしくお願いします。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-01-03 01:06

ありがとうございました

大晦日です。

ぼんやりおんぼらのんびり者の私も
あぁ大晦日だなぁ・・と
感慨に浸っています。

この一年
本当にどうもありがとうございました。

この一年をふり返ると
みっつの時季があったなぁ・・って想います。

今年のはじまり。
それは新しい気持ちで歩み出した時季でした。

春の頃。
文字にはしづらい・・
そんな出来事と出合ってうずくまってしまった時季でした。
いろいろなことを見つめ・・向き合い・・感じ・・考え・・
そしてまた歩み出そう・・と迎えた夏。

それは出逢いの・・そしてそれから続くわくわくとした悦び・・深い感謝・・その時季でした。

どの一つ一つも
かけがえなく大事なことばかりでした。

歩み出そうと想ったそのことも
出合った出来事とそこで気づかせてもらったことも
新しい幸せな出逢いと感謝の日々も
どれもどれも
「ありがとう」って
年の暮れに想います。

あなた(みんな)の幸せと
わたしの幸せが
とけあったらいいなぁ・・って想います
どっちが先でもあとでもなく
どっちが大事とかでもなく
とけあったらいいなぁ・・って想います

幸せにつながること
大好きな人や大好きなことを想うと
わくわくして
心がふくらんで
私の心も体も動かされます
私のぜんぶが・・いのちが・・悦びます・・生かされます
限りなく小さな私で動き・・生かされたらいいなぁ。
それが幸せだなぁ・・って想います

一年のおわりに
そんなことをふと想いました。




今年一年ありがとうございました。

新しい年
みんなきっと
ますます幸せです。
どんどん幸せです。

よい年をお迎え下さいね。


    野の花より
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-01-01 17:41

明日が楽しみ♪

夜のお布団で・・
楽都と並んで横になっていたら
隣からこんな言葉が聞こえてきました。
「あぁ楽しみぃ~
明日も明後日も楽しみぃ~^^」
楽都がにこにこしています。

「がっちゃん・・いいねぇ^^
えっと・・明日は何があるんだっけ?」

「何にもないけど
明日が楽しみぃ^^
明後日はお餅つき会があって楽しみぃ^^」

あぁ・・いいなぁ・・・うんうん・・いい^^
明日が楽しみ・・かぁ・・・

私も楽しみな気持ちを抱きしめる夜でした。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-12-21 09:30

ささやかな想い

私ね
きっとこの旅では
すべてをYESと
感謝して受け止め受け入れられるようになる勉強を
させてもらっているのかもしれない
すべてをYESと・・・
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-12-21 09:29

ささやかな想い

いつも謙虚でいたい
いつも感謝の気持ちを忘れないでいたい

あるとき
あるできごとに直面して
初めて気づけることがある
実感として気づけることがある

それまでは
ちゃんとはわかっていないんだよね

そのことで
ひょっとしたら
だれかに寄り添えなかったり
だれかが哀しい気持ちをしていたり
そういうこともあるかもしれない

それでも
私は赦されてきて
気づけるときまで待っててもらえた

いつだって謙虚で
いつだって感謝の気持ち
やっぱり大事に大事にしたいよ
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-12-21 09:28

お餅

保育園のお餅つきで
今日はなんだかじんとしたことがありました。

つきたてのやわらかいお餅を
女衆で丸めたのですが・・

お餅をまるめる・・って
なんて優しい仕草だろうって。

お餅って優しい気持ちで丸めないと
丸くならないんです。

優しく優しく
両手で包むように丸くしてゆく・・

昔々からこうして・・

なんだか
いろいろな慈しみや敬虔な気持ちや感謝の気持ちや・・が
込められた仕草だなぁ・・って
じんとしました。

今日はおばあちゃん達も幾人もご一緒させていただけて
おばあちゃんの手で
丁寧に丁寧に・・優しく優しく・・
まるで赤ちゃんの肌に触れるかのように・・お餅を丸めてゆかれる様子は
なんだか涙が出てきそうなほど胸にじんとしました。


お餅・・もちろんおいしくて
幸せのやわらかさでした。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-12-21 09:28