2008年 01月 05日 ( 3 )

幸せな気持ち

今日は昨晩から痛い足をいたわって
おうちでゆっくりゆっくりしています。
おかげでこうしてゆっくりパソコンに向かえたりして
夢の箱の向こうのお友達とふれあえたりして
嬉しいひとときです。


昨日、小学校のお母さん友達と電話でお話しました。
その方も本が大好きで、会うといつも本のお話で
楽しいおしゃべりが弾みます。
電話でも大半が本の話でした。
その方は、小さいお子さんに読み語りやエプロンシアターも
熱心になさっていて、いつも楽しくそんなお話も聞かせてもらいます。

その方に
「今度ね・・小さいお子さんに、お歌のパネルシアターを
させていただけるかもしれなくって・・私はしたことがないし
勉強したこともなくってわからないことばかり。教えてね」
って話しました。
それから、
「秋から始めた自宅ショップでね
図書室みたいに本の貸し出しをしていて
子どもさんも本を借りて帰ってくれるの・・
今年はね、子どもさんが借りて帰ってくれたり、
ひとときくつろいで本など読んで帰ってくれたり・・を
充実させたいんだぁ・・絵本のこととかまた聞かせてね」
って話しました。

「おもしろそう~おもしろいことやってるねぇ~」って
その方も楽しそうに言ってくれて
「でも、野の花さん、お義母さんもご病気で入院されてて
それだけでも大変だろうのに・・がんばるね・・」っておっしゃって。
それにごく自然に応えた自分の言葉で
あぁ・・そうなんだなぁ^^って実感したんですが
「これ、私の生きがいなの~楽しくってやってるの~
これがなかったら、私自身が壊れちゃうかもしれないもん~」って
言っていたんですね。
あぁやっぱりそうなんだねぇ^^って想いました。


こんな生きがいがあること
それから
こんなわくわくをお話しあえるお友達がいてくださること
すべてが嬉しいな。


それから
昨日は、今年最初のお客様がわざわざ訪ねていらして下さって
大好きな星野道夫さんの本のことで心が通って
あぁ・・嬉しい♪って想いました。

年の暮れには、続いてご近所の方が訪ねてくださり
やはり大好きなにわぜんきゅうさんの本や絵のことで心が通って
あぁ・・嬉しい♪って想いました。

こんな心が通うひとときをわかちあってくださるお客様に
ありがとうって想います。



足が痛くっても
あぁ・・こんなに幸せ♪
[PR]
by nonohanatomochan | 2008-01-05 15:42 | 日々のこと

感謝、感謝の礼ごころ

初詣。
雪が上がった神社は
とても空気が澄んでいて
思わず深呼吸しました。

そして
おみくじをひきました。

わぁ~い♪
第一番って書いてある~♪嬉しいなぁ♪(単純な私)
開いてみたら・・なんてすてきな教えだろう
じんとしました。

その夜
大事なお友達のお顔が浮かんで
すてきな教えをわけっこしたいなぁ・・と
書き写したメールを送りました。





神の教


花の木陰にねる様な気持ち、感謝、感謝の礼ごころ
神様、御先祖様に、
今日一日を無事に過ごさせて頂いた、有がたさのお礼を申して、
明日の一日を、清く正しく生き貫く事を
御契い(おちかい)申し、御祈申して、安らかな眠りの床につきましょう。
心の幸福は感謝の念から湧き出て、身の幸福は祈りによって倍加する。



熊野大社のおみくじです。
心が嬉しくなりました。

もひとつ嬉しいことは・・大吉♪
感謝、感謝の礼ごころで、一年を過ごそう♪って
あらためて想ったことでした。
[PR]
by nonohanatomochan | 2008-01-05 15:33 | 日々のこと

お正月


お正月。
主人の実家に大集合。
11月に義母が倒れて以来、一人で暮らしている義父。
三人息子とその嫁、孫達・・総勢12人。
父の仕事の休みの日に集まろう・・と相談していました。

まずは12人、病院で待ち合わせ。
母の病院に行って「あけましておめでとう」とにぎやかに
新年の挨拶。
母はひとつき近い眠りから覚めて、意識を取り戻しましたが
家族のこともわからなくなりました。
覚えていないそうです。
けれど、明るい一家。
「しゃぁないなぁ~」
「かあちゃん、赤の他人に囲まれてるみたいなもんだわなぁ!
まぁ・・ぼちぼちやぁ」
と笑いがたえません。
哀しみや不安がかすめてても、いつも笑いがあります。

「また来るけんなぁ」とみんな口々に母に言って
病室をあとにしました。
そして、父の元に。

みんなで買い出しに行って、みんなで料理、
そして父を囲んでお鍋をにぎやかに食べました。
その晩は、みんなで泊まり、
翌朝は、男の料理!義弟特製カレーです。
朝からです!・・が、お鍋もご飯もからっぽになるくらい
みんなもりもり食べました。
子ども達も、年に何回かしか集まれないので
会えるのを楽しみにしていて、嬉々として遊びました。
そして、みんなで、雪が上がった神社に初詣。

義弟が言いました。
「かあちゃんが倒れてからだよね・・
こんなに密に連絡取り合って・・・」と。
私も同じことを想っていました。
日頃は離れて暮らしていたり、
みながそれぞれの暮らしで精一杯で
こんなに密に連絡を取り合うことはありませんでした。

いつもは母が切り盛りしてくれている主人の実家で過ごす正月の夜。
みんなが笑いながら、協力し合って、心を寄せ合って、そうして過ごす正月の夜。
お布団に入って、心を静かにしたとき、私はちょっぴり泣きました。
いろいろがまざった涙でした。
そして、すべてを大事にしたいなって想って眠りにつきました。
人も、それから、今生きてるってことも、すべてを大事にしたいなって想いました。
[PR]
by nonohanatomochan | 2008-01-05 07:46 | 日々のこと