2007年 09月 24日 ( 2 )

友達に誘っていただいて
書道展に行ってきました。
会場についてみて
あぁ・・これは見たかったものだ・・とわかり
感激しました。


日本の巨匠の方々
山陰地方の書家の方々の作品が
一堂に会して、大変見ごたえある書展です。


一つ一つじっくり観て行きました。
そして友達と
「家に飾るならどれ?」とか
「自分が書いてみたい、好きって想うのはどれ?」とか
話していると、いろんなことに気づきました。

家に飾るのなら・・
家族やお客様がほっとなごむような
優しい言葉や優しい表装のものがいいなぁ・・と
そんなことを想いました。

自分のためだけに飾るのだとしたら・・
日々心したいことを書いてある作品が
背筋がしゃんとしていいかなっ・・なんて
笑いあいました。

そして、自分が書きたい、好きって想うものは・・
私は白と黒とがはっきりした
表装もシンプルな飾りっけのない
そういう作品が書きたい、好きって想いました。
大きな文字を一文字とか
大好きな詩を飾らずにとか
そんなことを想いました。

以前の・・学生の頃の私は違っていたなぁと想います。
その頃、作品展に出品させていただいたことがありました。
私は青墨でいっぱいにぼあっとにじむ
「まごころ」という文字を書きました。
「まごころ」という文字は今も大好きで大切です。
が、今は、青墨でぼあっ・・とではなく
濃い墨で凛と書きたいってそんな心です。

面白いものだなあと想いました。



それで、また気づきました。
それは、友人もまた同じ思いだったようでした。


「私、技術的なことってまるでわからないんだけど
これを書かれた方の内面って、書から伝わってくるみたい・・・。
選ばれた文字や書き方やいろいろから
内面がもろに伝わってくる・・・・。
ここに出されている方たちは、内面をみんなの前にさらけ出しておられるんだ
なんてすごいことだろうって想った」

そう言うと、友人も

「うん・・観る人に試されてるよね・・この人たち・・・」と言いました。

そして
「もう、いろんなものを越えて
『すべてよし』の心になられた方たちなのかもしれないね・・・」と二人で言いました。

「なかなか『すべてよし』になれないんよね・・難しいよね・・」と二人で言いました。



一人の人の書を追っていったら
そこには心の変遷が表れるんでしょう・・・。
それを公になさっておられる人のお心が
そのときどきに越えてこられたものに想いをはせるとき
すごさがまたいっそう伝わってきます。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-09-24 00:16 | 日々のこと

友達

このところ、時間のゆるす限り、
一所懸命手づくりしています。
気がつくと、ご飯も食べないで、黙々と作っています。
それで、ふと目をあげたら
きっと寄り目になっているんじゃないかなぁ?というくらい
目の焦点が合わないです。

こんな具合にひたすら一所懸命作るなか
友達と会って過ごすひとときは
本当に幸せです。

先日も何ヶ月ぶりかに会う友達と
久しぶりに楽しいひとときを過ごしました。
笑いあったり
ゆっくり言葉を吟味しながら味わいながら語り合ったり
短い時間でしたけれど
あぁ・・幸せ・・と
心がいっぱいに満たされました。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-09-24 00:00 | 日々のこと