2007年 08月 14日 ( 1 )

家族

昨日から
主人と子ども達は広島に出掛けています。

男衆達の旅。
今回は、四歳になったばかりの幸希も初参加。

本当に本当に久しぶりの一人の時間。

あれもしよう、これもしよう・・なんて
遠足の前のこどものように
わくわくしていたのに
いざ一人っきりの夜を迎えると
淋しくて、こころもとなくて、ちんまりといました。

お友達にわけていただいた羊毛で
お人形さんをこしらえながら
あまりにも静かな部屋の静かな心に
いろんなことが、ふわりと降って湧いてきます。



母は、一人暮らし。
あぁ・・夜、こうして過ごしてるんだなぁ。
いつも編みかけの編み物が枕元に置いてある。
いつも見なくてもテレビがつけてある。
あぁ・・こんな夜なんだなぁ・・毎日。

なんだか切なくなりました。

母は暮らしを楽しんでいるけれど
ある一面を感じて、切なくなりました。

声をかけよう・・と想いました。




あぁ・・そうだったなぁ。
前はいつも家族がくっついて
どこに行くのも一緒に行動していたなぁ。
少しだけ離れたお店までドライブがてら行って
ソフトクリームを食べて帰る・・
ただただそれだけで、みんなで幸せだったなぁ。

いつからだろう?
あぁ・・去年の秋だ。
日向が思春期に入って、家族と人が沢山いるところに出掛けたがらないようになってからだ。

そう思うと、家族がみんなくっついて動けるときは
本当に短くて、本当に限られてる。
大事にしよう。
それでもまだ、かわいらしいところがあって
家族と一緒に動く日向も引き連れて、
家族一緒時間を大事にしよう。




ひとり時間の静かなひととき、静かな心には
大事なことがいっぱい降ってくる。


それはきっと、家族時間の中で
一所懸命生きてる時間が濃密だからだ。


どっちも大事な時間。
だけど・・家族の「ただいま」の声が恋しくなっています。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-08-14 11:50 | 日々のこと