2007年 04月 26日 ( 2 )

「魂の純度」

「魂の純度」

最近読んだ本にそう書いてあって
あぁ・・まさに私が望むことはこれ・・って
この言葉との出会いを心が喜んだ。

前に
心のどこを切っても
金太郎飴が金太郎さんが顔を出すように
きれいな心が顔を出したらいいなぁ・・って想ってた。
でも
どこか想いにしっくりこない気持ちもしてた。
だって心はいろんな空模様があって
そしてそれでいいんだ・・って想っているから。

そうかぁ・・
魂なんだ。魂が金太郎飴の金太郎さんみたいに
どこを切っても純・・ピュア・・澄んできれい・・そうありたいんだ・・魂なんだぁ・・。

嬉しい。
素敵な言葉。
心にしっくりなじむ言葉に出会えて嬉しい。
「魂の純度」・・私はそれをいつも心で大切にしたい。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-04-26 21:21 | 日々のこと

美しい季節

木々の若葉が
なんてまぶしくきらめいてきれいだろう。

日暮れの空が
なんてやわらかに燃えてきれいだろう。

それだけで
胸いっぱいに幸せになります。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-04-26 21:16 | 日々のこと