2006年 12月 04日 ( 7 )

こころに響きました

忘れていました。

ブログで読ませていただいて
あぁなんて大事なことなんだろうと
心に響いたことを
こちらに載せさせていただこうって想っていました。

以下
山元加津子さんのブログ『いちじくりん』から
引用させていただきます。

(『いちじくりん』はこちらから
http://itijikurin.blog65.fc2.com/)



12月に入りました。月日の経つのが早くて、びっくりするほどです。
ちーちゃんはすごく元気なときと、なんだか元気がなくてだるそうなときが、だいたい月の半分ずつくらい交代なのです。
 笑って元気なときのちーちゃんは、歌を歌うのが大好きで、きれいな声でいろんな歌を歌ってくれます。走るのも大好きで、ダンスも大好き。私たちもそうですが、そんな楽しくて可愛いちーちゃんに惹かれて、他のクラスのお子さんもちーちゃんの周りにきてくれます。お隣のクラスのまーくんも、「ちーちゃん、ちーちゃん」とやさしく声をかけて、気を配ってくれます。一馬君も「ちー、元気やなあ。俺、そんなちー見てると、元気出てくるわ」と言います。
 元気のないちーちゃんは、ちょっとだるそうで、机に顔を伏してしまうこともあります。でも、そんなちーちゃんがいとおしくて、また、いろんな人がちーちゃんのそばにいます。元気がないとき、まーくんはやっぱりそばに来てくれて「ちーちゃん、大丈夫か」と声をかけてくれます。それから一馬君も、「体ひどいんか。無理するなや」と言います。そんなとき、ちーちゃんは顔をあげて、うれしそうににっこり笑うのです。

このあいだ、一馬君がすごく素敵なことを言いました。
「俺な、ちー見てわかるんやけど、気持ちって、その人のもんやけど、その人の自由にはならんもんやな。なんか楽しくなったり、なんか悲しくなったり、なんか、うれしくなったり、つらくなったり、かっとしたりするやろう。それって、自分ではどうしようもできんのや。自分で好き勝手に気持ちって変えられん。それは、そういうふうにできとるちゅうか、そうなっとるんやって。な。それは他の人がどうこう文句の言えることじゃない。俺だってそうやもん。みんな受けとめて、そしてみんな一生懸命なんや、な」
 たぶん、一馬君だけでなく、まーくんも、そんなふうに思っているからこそ、ちーちゃんにも誰にもすごく優しいんだと思います。

私は胸がいっぱいになりました。
そんな素敵なことを教えてくれるちーちゃんやまー君や一馬君や、もっともっとたくさんの子供たちと毎日いられる私って、なんて幸せなんでしょう。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-12-04 20:27

ささやかな想い

少しでも
自分が小さくなるといいなぁ
ただ
あなたのことが大事だから
私はちょっとでも小さくありたい
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-12-04 00:43

悦びになります

よちよちペンギンさん歩きだった私ですが
(腰痛のため^^;)
今日はちょっぴり楽になってて
あぁ・・嬉しい^^って
心から想います。

痛むとき
痛むところ
それがあるからこその
痛まないときのありがたさだなぁ・・^^

どんなことも
ささやかだったり
深ぁくだったり
生きてゆく悦びですね。

いろいろなできごと
いろいろな大好きなお友達とのひととき
十二月もカレンダーに幸せなマークたちです。
自分の体も大切にしながら
いっこいっこを楽しみに楽しく迎えたいです^^
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-12-04 00:38

ささやかな想い

ほんとうにほんとうに肝心なことは
ほんのほんのわずかな言葉で
きっと伝わる
ほんのほんのわずかな言葉だから
きっと伝わる

ほんとうにほんとうに大事に想うから
一つずつのわずかな言葉に
いっぱいの想いがつまってる
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-12-04 00:38

あぁすごいなぁ^^

私にとって、人間的にすごいなぁと思う人の中に
ばかになりきれる人・・がある気がします。

盛り上げよう
楽しませよう
笑ってもらおう
幸せになってもらおう

そんな心から自分を捨てきって
先頭に立ってばかになりきれる人は
なんてすごいんだろうって。

昨日の音楽会で、
日向の友達のお父さんで、
お寺の和尚さんをしていらっしゃる方のことを
とってもそう思いました。

PTA合唱の指揮をされたのですが
演奏前の控え室で
「あの・・私、真剣にやりますから・・ほんと真剣にやりますから。
だから笑えるかもしれません。
笑ってもらってかわないけど、歌に差し支えないようにお願いします^^」と
出番前に話されました。

そして本番。
和尚さんの格好をして、手には木魚。
木魚のバチ(っていうのかなぁ?)がタクトです。
思いっきり面白おかしく踊りながら
タクトを振られるから
会場の子供達からは笑い声があがります。
歌うみんなも心楽しいです。
あぁ・・みんな楽しんでいるね^^って
歌いながら感じていました。
まさに“真剣に”ばかになりきって徹してらっしゃいました。

なんて素敵なんだろう。
お友達のお父さんのこと、好きだぁって思いました。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-12-04 00:38

すてきな音楽会

日向の学校の『すてきな音楽会』がありました。
あったかで、みんながいい顔で
ほんとに『すてきな音楽会』でした^^

素敵なエピソードがあったそうです。

五年生が演奏を終え
次はいよいよ、小学校生活最後の演奏、六年生です。
六年生が終えると・・
「六年生、演奏、よかったよ♪」って
五年生たちから六年生さん達に
言葉がかかったそうなのです。
(私はおちびさんたちと外に出ていて
見逃してしまい、あぁ残念!でした)

「ほんとに素敵だったね。」
「なんていい子達だろう。」
そんな言葉を、目を潤ませながら話されるのをお聴きして
私も「うんうん・・本当に^^」って想いました。

本当に素敵な子達。
みんな大好きって想います。

そして、素敵なハートフルな先生達に
「ありがとうございます」って想いました。


PTAの合唱。
楽しかった・・の一言に尽きます。

舞台の袖で待っているときから
「緊張する~」っておっしゃる人の言葉を聞いて
あれ?え?私、ぜんぜん緊張してない。
楽しみでたまらない^^って気づきました。
とにかくわくわくしていました。

そして歌っているときも
わくわくときめいてたまりませんでした。

それで気づきました。
歌が好きだから。
それから
うまく歌おうとか、気づいてみたらこれぽっちも思っていなくって
嬉しいな。楽しいな。幸せだな。
って、それだけだったんです。
そういうときって、緊張しないものなんだなぁってわかりました。

指揮者さんもずっとにこやかに一緒に歌いながらタクトを振っていらして
それもまた、とにかく楽しく歌える理由だったと思います。
笑顔は笑顔を・・楽しいは楽しいを・・伝播するんだなぁ^^


あとで
「楽しそうに歌っていたね^^」
「にこにこしていてよかったよ^^」
っていろんな人が声をかけてくださり
あぁ・・私、よっぽどにこにこ嬉しそうに楽しそうに歌っていたんだねぇって
人の言葉からもわかりました。

あぁ楽しかった♪
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-12-04 00:37

ささやかな想い

透明でありたい
ほんのりあったかく
ふうわりやわらか
そんな透明さで
あなたの心のかたわらにたたずみたいの
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-12-04 00:35