2006年 10月 13日 ( 2 )

チャレンジャー

そうそう
飯田史彦さんの講演で
とっても素敵な言葉を知りましたよ。

ここに書いておこう^^

ハンディキャップを持ってらっしゃる方のことを
障害者っていうけれど
今、アメリカの方では、
すでに時代は変わって
「チャレンジャー」って言うのだそうです。

決して
「がんばって」チャレンジしなさいとかそういうんじゃなく
「がんばってる」チャレンジャーなのです♪

なんて希望に満ちた言葉だろう。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-10-13 01:09

10月12日

わぁ・・嬉しいなぁ・・
思わずにっこりしてしまったことがありました。

お昼ごはんを食べないまま
お友達のところに向かったもので
途中、コンビニでカフェオレと小さなサンドウィッチを買い求めたのです。
車に乗って、袋を開くと
まぁ♪紙のおしぼりを入れて下さっています♪
うわぁ♪なんて優しいお心遣いだろう・・嬉しい♪と
思わずにっこり。
さっそく、紙のおしぼりで手を拭くと、さっぱりした心地になって
サンドをぱくっと頂いたのでした。

どこも、こういうお心遣いのサービス、なさっているのかなぁ?
あんまり、コンビニでサンドを買ったり・・がなかったから
初めてこういう優しさに出くわして・・うわぁ~い^^と幸せな気持ちでした。

ほんのちょこっとしたことなんだよね^^
幸せになれるのって。



お友達が、かっこさんのCDとか冊子とか見たり聴いたりして下さって
なんだか、とってもお心にすぅっと入られたらしく
また分けてほしいとおっしゃって下さいました。
お友達のお友達・・にも差し上げたいからって。

ADHDっていう障害があるのですね。
お子さんがADHDという障害があって、日々格闘されているお母さんがいらっしゃるそうなのです。
まさに、すごくタイムリーだから、プレゼントしたいの・・って。
「ゆうき君と海」というエピソードがあります。
それがとても沁みたとお話して下さいました。

きっとゆうき君も、そしてお亡くなりになったゆうき君のお母さんも、
うんと歳月を経て、そしてうんと離れたここ松江で、
だれかが、ゆうき君とお母さんのエピソードに心を動かされたり
それを、またお友達にも分けてあげたいって思われたり
そんなお気持ちになった人がいるんだよ・・って、
きっときっとご存知はないでしょう・・
そこにまた、あぁなんてすばらしいんだろう・・って思わずにいられません。
「いること」「あること」「あるがままに生きること」「あるがままに向き合うこと」
そのことの意味っていうか・・大切さっていうか・・
まさにバカボンのパパの「これでいいのだ」というか・・
あぁ・・うまく言えない!^^;
自分が思う思わない、知る知らない・・それに関わらず
いて、そして、生きて、そして向き合う、その姿が
なにか、どこかに、だれかを、動かすことってあるのですね。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-10-13 01:05