2006年 09月 10日 ( 4 )

覚書

忘れないうちに
書いておこう。

諦めるって
仏教用語で、明らかにわかる?認める?とかって意味がある
そうテレビで聞いた。(もうあいまいになってる(*_*))
あっ!そうなんだ!うん、そうだね!と膝をポンと叩きたくなった。

なにかから離れるということは同じようでも
逃げる…と
諦める…とは違う。
そう思っていたけど
やっぱりそうなんだあ!

諦める…についての話も
また今度書こう。
今は覚書。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-09-10 07:47

ささやかな想い

私にできるのは
笑いかけたり
話しかけたり
手を振ったり
手を握ったり
耳を傾けたり
だっこしたり……
こうして数えてみたら
たくさんある!
なんてすてき!
なんて嬉しい!
なんにもできないような
ささやかなささやかな私にだって
できることはたぁくさんあるね
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-09-10 00:58

9月9日

ドラマいっぱい。
感激いっぱい。
ありがとういっぱい。
今日もそんな日に…。

またゆっくり書こう。


楽都と幸希の運動会。
とべなかった跳び箱。涙をためてじっと膝を抱えて座る楽都。がんばったみんな。
ぽこあぽこの先生からのメール。
一日のおわりに友達からのほっこりメール。
月に一度の楽しみ『ミセス』。
などなど
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-09-10 00:16

9月8日

あぁ、幸せだなあ。


日向が、今日は学校に。
四日休んでしまったし、学校で頻繁に下痢したくなったらどうしよう?っていう不安もあったから、
今日は億劫だっただろうなあ。
でも、気持ちを立て直して、よくがんばりました。

みんなを送り出すのは久しぶり。
することはたくさんあるのに、疲れがどっと出て、なんにもできない感じ。
ここは少し休もうと決めた。
お布団に入り込んで、携帯電話も電源を切り、本格的に休む体制。
短い時間だったけど、ぐぅっと眠った。
嬉しい休息だった。


午後からは予定の用事。
がんばるので、いい時間になりますように…と、心の中で願いながら出発。


久しぶりの書道。
久しぶりだから、なんとなく教室や教室の方達との間に、私だけが感じる薄~いベール。
気持ちの問題。
また挨拶を交わしたり、談笑したり…で、そして、ひたすら紙と墨と筆とに向かうことで、ベールが消えてゆく。
楽しい心地よい場所に戻ってゆく。
やはり、書くことが好き。ここで皆さんと会い、楽しい会話が弾むのが好き。
幸せな時間。


書いた半紙をのせるために、半紙の大きさに新聞紙が切って置いてある。
1枚いただこうと箱に手を伸ばす。
大きな写真が目にとまる。
いい写真だなあ、なんだか好き。
墨の付いた半紙をのせるのはもったいなくて、大事に手元に引き寄せた。
あ!とびっくりした。
星野道夫さんの写真で、星野道夫さんについての記事だった!
うわ~!と思わず感激の声。
どうやら朝日新聞で連載があるらしい。
私があんまり感激していて、様子を察して下さった皆さんが教えて下さる。
図書館に行けば(切ってないそのまま全文読める記事が)あるわ!とか
うちにあるかもしれないわ!とか
考えてくださる。
あぁ…嬉しい。
偶然に、星野さんの記事の新聞の片割れに会えたこと。
その記事がきっかけで、皆さんの優しさに触れたこと。
すごく嬉しかった。


帰宅すると、日向も下校。
無事一日を過ごせた様子で
本人も私もほっとした。
どやどやと友達が。
男の子7人。
食パン一斤でフレンチトーストを作り、テーブルに置く。
そしたら台所に「おっ!うめぇ~」「まじうめぇ~、おい、食べ過ぎるなや!なくなるがや!」と声が聞こえ、
嬉しくてそっとのぞくと、
ぱくぱくみんなが頬張ってくれる。
なんて作り甲斐がある!
おなかがすく年頃の人には、私のぶきっちょ料理でも喜んでもらえる!
嬉しくていそいそ下宿のおばちゃん状態になる私(笑)


そんなこんなに
あぁ、幸せ、ありがたいって
心が満ちあふれた。
感謝。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-09-10 00:09