にじのゆめ

古い小さな家の玄関に
本棚置いて、本を並べて
訪れる方で関心寄せてくださる方に
お貸ししたり、本談義したり・・
そこから始まった「にじのゆめ」。

「自宅ショップの夢はいつから?」と尋ねられることも多く・・
お答えするために自問自答して
自分の気持ちがよくわかる。

病院を退院した、十五、六年前のあの冬が原点だなぁ・・
あの頃は私は車椅子だった。
冬の山陰の空は私の心象風景だ。
でも
私が自由に出かけられないのなら、
人が訪ねてきてくれる、そんな私でいればいいんだ!
そうふと思ったことで、心が晴れた。

お友達への楽しいはがき
それから、野の花だより。
そして子どもを授かり
お母さん仲間との集い・・・・。
山陰の冬空のなか
ふと思ったことから、つながっていったもの。

そんな中で、心に漠然と
子どもさんからお年寄りさんまで
気軽に立ち寄ってもらって憩っている・・
そんな情景を想い浮かべては
こういうのっていいなぁ・・と
そういう想いが芽生えていた。

原点はここだなぁ・・と想う。
想い、願い、夢・・ってすごいなぁ。
つながってゆくんだもの。

にじのゆめは、どんなふうにつながってゆくんだろう。
楽しみだなぁ。




来年は、子どもさん向けの絵本や本コーナーを充実させよう^^
椅子にこしかけて、読んでいただけたらいいな。
手づくりクッキーなど、つまみながら・・。




今年の冬、クリスマス会のプレゼントを・・というお仕事をいただいたとき
「なにが喜ばれるだろう」と相談したお友達のお一人が
「なんでもいいと思う・・ここでしかできないもの・・山口さんにしかできないもの・・
そういうものならなんでも喜ばれると思う」と
そうおっしゃって下さったことが、心に残っている。

ここにしかできないもの・・ということは
とっても大事なんだなぁと
改めて教わった気持ち。

「ありがとう」「しあわせ」「大好き」・・・・
そんな心を渡してゆきたいな。
鉛筆

パソコン

電熱ペン!
想いをしたためられるツールがどんどん増えてきて嬉しい^^
結局、私がしたいことは
ただただ
「ありがとう」「しあわせ」「大好き」・・・・
そんな想いを伝えてゆきたい、それに尽きるのだと想った。
来年もまた、いろいろなツールで
「ありがとう」「しあわせ」「大好き」・・・を
心を込めて笑顔でこしらえてゆこう。
あぁ・・楽しみ。


大好きな雑貨さん
大好きな絵はがき
大好きな本・・
それらにそっと添えるよう、私のプチ手芸「ありがとう」を
袋にいれて、レースのリボンを添えたとたん
心がほっこり、ぽかぽかする
ささやかな幸せセットが誕生して嬉しくなった。
この「プチ」加減、「そっと」加減・・が私にはとても心地よい。

このほっこり、ぽかぽか・・を
わかちあいたいばかりに、
みなさんの嬉しそうなお声、お顔が嬉しくて
それがまた見たいばかりに、
こしらえているようなもの・・^^



どんな人に出逢えるかな。
どんな時間、過ごせるかな。
あぁ・・楽しみ。




嬉しいな。
幸せだな。
ありがたいなぁ・・・
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-12-28 16:57 | 日々のこと
<< 家族 ささやかな想い >>