春に

ほんとにきれいできれいで
見とれていた桜。
春のそっと吹く風に
音もなく降って、舞って、地におりてゆく。
その様子もまた
ほんとにきれいできれいで
見とれていたのはつい先日。

今は木々に小さな若葉が芽生え始めていて
やっぱり私、見とれています。

桜の頃
辺りはぼわっと桜色の空気でした。
不思議だけれど桜の周りの空気までが桜色。

今、若葉が芽生えた頃
辺りは澄んで冴えた若葉色の空気。
不思議だけれどどんなに小さな若葉でも周りの空気まで若葉色。

そのことが
なんだかとても心を動かしてくれました。
[PR]
by nonohanatomochan | 2007-04-14 23:56 | 日々のこと
<< 使命 感謝 心ひとつのおきどころ 座標軸&高校生さん達のオルガン... >>