いのち

新聞をびりびりって破って
しばらくとっておくコーナーに。

腎臓移植の記事。

私は、ちょっともどかしいです。
報道はきっとすべてじゃないって思うから。
すべての事実を伝えきっているわけじゃないって思うから。

お医者さんの気持ち、なにより患者さんの気持ち。
それは、お役人さんや政治家さんや
そういう机上の方の正論や正義感とは
もしかしたら大きなギャップがあるのかもしれない。

医療の現場には、きっと
机上の正論や正義感だけではどうにもならないことって
いっぱいあるのだと思う。

情がある人間。
いのちある人間。
その人間だもの。

報道はそこのところをどこまで伝えきってくれているのだろう。

一人一人のいのちや、いのちの闘いや、
そして、それに深く関わる人の心情や・・
それはきっと、ちょっとやそっとじゃ言い尽くせない気がする。


このことが契機になって
患者さんが、そして、お医者さんが
安心していのちを大事にできるシステム作りになったら
どんなにいいだろう。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-11-11 00:10
<< ふんわり大きな綿菓子 スウィートポテト >>