10月18日

今日は午後からお習字。

前回、かつこさんの講演会のポスターやチラシに添えさせていただきたいなぁと
手書きで書きたい文字を、先生がお手本を書いてくださった。
午前中は、それを半紙に何回も何回も繰り返す。
何回も何回も繰り返すと、文字の上達は別として(ふふふっ)
その言葉が、どんどんどんどん好きになってゆく。
きっと何回も何回も書く・・心を込める・・心が手から字に入る・・っていうことなのかなぁ。

そうしていたら
お友達からお電話。
久しぶりだね・・って電話でお話していたら
「ねぇ・・今からご飯一緒に食べよう♪」っておっしゃって下さる。
うふふ・・おいしいものを食べながら、顔を見てお話・・それが一番だよね♪
ぴゅんと準備をして駆けつける。
そのお友達の「一度行ってみたかったんだ♪」というお店、あぁ名前が覚えられない^^;
とてもおいしいお店でした。
地産地消というのでしょうか・・地元のお野菜やお米がふんだんに使ってあって
お野菜がいっぱい。
もうお腹がはちきれそうです。

習字教室にうかがう。
臨書も、終盤になってきた。
長かったなぁ・・ここまでたどりつくのに。
でも・・手がまだ覚えてない。
ううん、あっ掴んだ!と思ったら、
またするりと抜けてゆく。
そのくり返しで、終盤になってもなお、納得がいかない。
先生が、これは難しいよね。
普通の筆運びなら、手が忘れないけど、これは独特だから
すぐに手が忘れちゃうのよね。
って、私がなにも言わなくても、そうおっしゃって・・
すべてが書から伝わっているんだ・・って感じ入った。

「そのままでいいよ。」も見ていただく。
先生が、ポスターの大きさや、文字を書く紙や・・
本当に一生懸命考えてくださって、
胸が熱くなる。
私、一生懸命やろう・・ってまた思った。
でも、文字はうまくなく・・書けば書くほど、むむむぅってなる。
そしたら、やはり先生はお見通し。
「一番伝えたいのは『いいよ。』だね・・『いいよ。』って心で書いたら
それが現れるから・・それでいいんですよ^^きっと伝わるものが書けますよ^^」
そう一番最後におっしゃった。


毎日をわくわくと過ごさせてもらっていて
主人が「青春してますなぁ」ってにこにこ言う。
私はせめてもの感謝の気持ちで
お夕飯に心を込める。
今夜は餃子。
「るんるんで過ごしちょうもんなぁ。いいこといいこと」と
寛大な主人に感謝♪
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-10-19 01:54
<< 10月19日 10月17日 >>