10月11日

小さな人達の、心をひとつにあわせた演奏が、こんなにも胸にゆさぶるのは、なぜだろう・・

小中学校の、連合音楽会に行きました。
私、涙がこみあげたり、感動に鳥肌がたったりの連続で・・・。

友達と息を合わせて歌う姿だとか
指揮の先生を一心に見つめるまっすぐな目だとか
自分の持ち場で、ベストを尽くしているひたむきさだったり
あぁこんなにひとつになるまでには、たくさんの練習をしたし、たくさんの出来事も気持ちもあって・・その上での今日なんだぁという想いだったり
すべてが一緒になって胸をゆさぶるのでした。

打楽器のお子さんは、ご自分の出番まで
息をつめるように体いっぱいをつかってリズムをとり
みんなの演奏を耳をすませて聴き
指揮の先生の手を見つめ
そうして訪れた出番に、心をうんとうんとこめて
楽器に触れるのでした
たまりませんでした。

一日の演奏のおわりに、会場もステージもひとつになって
合唱しました。
みんないい顔です。
音楽ってなんてすばらしいんだろうって
また涙が出てきます。

松江市が合併し市の学校数が増えたから
連合音楽会も三日にわたり59校が演奏します。
あぁ他の日もどのお子さんの演奏も聴きたいなって思うほど
感動でいっぱいでした。



一緒に出掛けたお友達が、とてもひたむきなピュアな方で
大好き。
もう何年来のおつきあいです。
おつきあいが重なるほど、もっとピュアに、素直にそのまんまいられて
そんなお友達と、飾らない心で、感動を共に分かち合えたこと
とっても嬉しかったなぁ。


信頼関係ってなんてありがたいんでしょう。

お友達がこんな話をしてくれたのです。
「子供がね、親さんのわからないところで悪いことをしていて、
それをもし、自分が知ってしまったとき、
たとえが悪くてゴメンね・・もし日向くんが
その悪いことをしている子だったら
私はともちゃんに伝えるし、
ともちゃんは、そうなんだね・・って聴いてくれて受け止めてくれて、
日向君の様子を見守ってくれるだろうし
日向君と話し合ってくれる
きっとそうだって思うの
他の人達の噂話で耳に入るより
心が通う友達から耳に入る方がいいって思うし・・
けれどね、友達っていっても色々な人がいるね。
言えない人や、言っても聴いてくれない受け止めてくれない人・・いろいろいるね」

そんな母親同士のおつきあいについて
彼女が話してくれた中のたとえ話が
とってもありがたくて・・
信頼関係がこんなに築けていることに「ありがとう」って
心から思ったのです



また、夜、久しぶりにお話できる方との電話。
時を越えて、いろいろが通う幸せ。
流れた「時」に、どんな過酷なことが互いにあったか
互いに知っているからこそ
こうして笑って話ができることが
無性に嬉しくて・・・・

今度会うことになり
流れた「時」の産物、流れた「時」を越えて、
心が掴んだ幸せについて
互いに語り合ったり、見せ合ったりしようね
楽しみだね
そういって電話を終えました。



今日は、いっぱいいっぱい
ひたむきなピュアな素敵な心たちに触れさせてもらって
こんなにも心がふうわりほんわりしています。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-10-12 09:55
<< 10月12日 お空の向こうに・・つながってる >>