最近、つくづく思ったこと

そのことに触れたら、たちまち心が重く憂鬱になったり、怖くなったりすることがある時、
ぐぐっと自分自身の内側にもぐって、自分のことをじっくり見つめてみたり(それはいい点も悪い点もすべてをそのまんま)、
「そのこと」についてそのまんま受け止めて、
そのまんまの感情を許してやること(こんなこと、思ったり、考えたりするなんて、ダメ!って、否定してしまうことなく)が大事。
それからのちは、もう、自分の内側に取り込まないことだ。
深く見つめた。
深く考えた。
深く感じた。
深く反省した。
深く知った。
…そしたら、もうそれでいい。
あとは、いかに自分の内に取り込まないか…だ。
そのためには、「そのこと」を引き寄せ、出会って、苦しんでしまった、その波動から離れることだ。
それは、自分の波動を高めてゆくことだ。
自分の波動が高まったら、いやな「そのこと」からどんどん遠くにゆける。そしてもう、この形では会わない。
自分の波動を高めるには、心を感謝でいっぱいにしたり、人に喜んでもらえることに心を尽くしたり、素敵な人や出来事に心を寄せて感化されたり、そうして波動を高めたい。
それって、わくわくすることばかり。
だから、わくわくすることを楽しく喜んで感謝して、ひとつひとつしていたらいいんだ。
結局のところ、「そのこと」に遭ったのは、だれのせいでも、だれが悪いのでもなく、自分のそのときの波動が低かったから。すべては自分にある。
そのことをじっくり知れば、そこからもう、拓けてくる。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-09-19 23:32
<< 覚書 9月19日 >>