小さな手紙たくさん感じること

こんにちは♪
日向は、三学期、自ら取り組む課題を、朗読に決めました。今、金子みすずさんの童謡集を読んでいます(聞き手の私の好みと、日向への願いが、うんと込もった選択ですネ)。昨夜も詩を読んでいて、日向は、何度も立ち止まっていました。どういうことだろう?…あぁ、そうかぁ…深いな…これ。日向の心は、立ち止まっている間に、たくさん動いたようです。それはこんな詩…
『大漁』
朝やけ小やけだ
大漁だ
大ばいわしの
大漁だ。

はまは祭りの
ようだけど
海のなかでは
何万の
いわしのとむらい
するだろう。
[PR]
by nonohanatomochan | 2006-02-05 06:57
<< 小さな手紙惚れちゃいます 小さな手紙おいしいもの寄ってくる家 >>